『社会人』って何だ?人間になりたかった私が選んだ働き方

どうも、人間代表wasabi( wasabi_nomadik)です。

新卒で海外で働くフリーランサーになった経緯は以前いくつかの過去記事でご紹介させていただきましたが、今日はなぜ私がフリーランスという働き方を選んだのかについて「社会人」というキーワードを元にお話したいと思います。

 

大学四年生頃、就活の時期がやってくると耳にタコができるくらい聞く言葉のひとつに「社会人」という言葉があります。
私は昔からこの言葉がずーっと疑問で、社会人とは一体何なんだ?と思っていました。

大学を卒業したら社会人なのか、企業に正社員として働いたら社会人なのか、パートやアルバイトでも社会人なのか人ぞれぞれ言うことも違います。

 

Wikipediaによると、

社会人(しゃかいじん)は、社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人のことである。一般的には学生は除外される。 日本語以外の諸外国語では日本で言うところの“社会人”をさす言葉はほとんど見られない。たとえば英語では労働者(worker)や成人(adult)、市民(citizen)という単語はあるが、日本語の”社会人”にあたる単語・表現はない。

 

だそうです。“社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人”ってそもそも人間は社会的な生き物だし、ニートでも引きこもりでもこの世の中の一員として社会を構成しているのであれば全員社会人なのではないかと思ってしまいます。そんな反発からフリーで活動し始めたばかりの頃は名刺の肩書きを「人間」と書いていた時もありました(笑)

 

こんなに私が社会人という言葉にアレルギー反応を起こしたきっかけは大学在学中、とある教授から言われたある一言でした。

 

「皆さんはこれから社会人になるのだから、自覚を持って就活に励み社会の一員となってください」

 

一見、普通の大学教員が言いそうな普通の発言だと思う方もいるかもしれませんね。だからこそ本当に寒気がしました。

 

大学卒業後そのまま教授職になって、就活も経験した事ない人が安易に「社会人」という言葉を使ってしまう事にビックリしたのです。

 

彼は「就職せずに大学院に行ってそのまま研究職になるのはオススメですよ」とは言えても、「企業への就職」に関しては何も言えないはずなのです。何せ、経験した事がないのですから。もはや、こんな無責任なことを教壇で言ってしまっても問題にならないのであれば大学教授の世界はかなり閉ざされた社会です。

 

この教授の発言からも現れていますが、大学を卒業したら当たり前のように「社会人になる」という何か決まりというか、思い込みみたいなものが社会に蔓延しているとも思っていました。そしてここで言う社会人とは「企業で働く正社員」のことを指します。

 

これだけ大学で自分の意見を持つようにトレーニングされ、4年間みっちりと世界にはこれだけ多様なライフスタイルがあり、様々な価値観があるということを学んだ矢先、「企業で働く正社員」としての働き方一択だけが選べる選択肢なのでしょうか?

 

加えて、私はこの「社会人」という言葉が極めて差別的に聞こえる事からあまり好きではありません。

なぜなら働いていなければ人間として扱われないような、そんな響きがするからです。人間が社会で生きるということを大きな枠組みで考えた時、仕事はもちろん大きな要素となり得ます。しかしお金を稼ぐ事だけが人間のする活動ではありませんし、そこだけに焦点を当てて社会や人間を定義づけするのは危険です。

 

「”社会人”なんて、ただの言葉じゃん。」

 

と思う方もいるでしょうが、私はこのそもそもの定義をちゃんと無視せずに議論するべきだと思います。

なぜならこの社会人という言葉が無意識で使われ続ける限り、多様性の大切さや自分にはその他の選択肢があるという事実に気がついても、なんとなく植え付けられた「社会人」のイメージや見えないプレッシャーが思考を停止させてしまうからです。

 

事実、英語には「社会人」なんて言葉はありません。なぜなら全員が平等に社会を構成する”社会人”だからです。

 

もし私がアルバイトもしていない学生に、英語で「あなたはまだ社会人じゃないよね」なんて言ってしまったらその友達はバカにされたと思って怒ってしまうことでしょう。

 

title_syakaijin

 

ドイツに住んでいて印象的なのは、ドイツ人の自分の仕事に対する考えです。

いわゆる日本で言う”社会人”(企業で働いている人)は、自分のことを”社会人”だとは言いません。

 

「私は〇〇会社でセールスを担当しています」だとか「私は〇〇会社で経理を担当しています」と自己紹介する人がほとんどです。

 

つまり雇用形態に関係なく、自分が責任をもって担当している「専門」を自分のアイデンティティとしているのです。日本だとその人が会社で実際に何を「専門」としているのかよりも、その仕事はアルバイトなのか、正規雇用なのかにこだわる人が多い印象です。

 

私は会社に属さないフリーランスという働き方を選びましたが、何も正規雇用のサラリーマンやOLという働き方が悪いと言っている訳では有りません。ただ、「社会人」という曖昧すぎる定義が普通にまかり通ってしまい、それに基づく精神論が横行する労働事情には違和感を持っていますし、大学の教員という知を司るはずの職業の人が何の抵抗もなくこの言葉を使っていた光景に強く危機感を覚えました。

 

私は自分のやっている仕事を愛していますし、仕事は自分を構成する大きな一要素である事は間違い有りません。しかし、それ以前に、地球に生まれて来た以上、誰かに名付けられた”社会人”というカテゴリ―に入るのではなく、「一人の人間として」やりたいことを実現し、人格を尊重されながら健康に生きていく権利が自分にはあると思いました。

 

そして日本という恵まれた国の出身者として、私に与えられている自由を活かして生きているうちにやりたいことは全てやるつもりでいます。ニートでもサラリーマンでもアーティストでも、常に「自分が何をできるか、何をしたいか」を最優先で考える事が尊重されてこそ、本当の意味で平等が実現された「全員が社会人」な社会なのではないでしょうか。

 

そんなことをつらつらと思っていると、同じようなことを考えているライターさんの本を見つけました。

 

この本の中でも社会人という言葉の定義がいかに曖昧で、わけの分からないものなのかについて書かれています。

 

今の働き方に何か疑問を感じているけど、そのモヤモヤが何なのか分からない人、社会から求められる「社会人像」に悩まされている人等は特に一読の価値アリです。

 

 

スクリーンショット 2016-07-04 14.32.06

欧州であなたの事業のアンバサダーになります!協業企業募集中

2015年からドイツ・ベルリンに在住し、現在はポルトガルにも拠点を置きながら世界中を飛び回って仕事をするスタイルのwasabiがあなたのビジネスを広げるアンバサダーとしてイベント主催、MC/日英独通訳、現地リサーチからコンサルまで承ります。

 

現在はモビリティ、インフラ、BlockchainとAI、アート関連のお仕事を中心に承っていますが、特にジャンルは問いません。

 

モットーは「自分が本当に良いと思ったものだけを口コミの力で伝える」です。そして、それぞれの企業様、ビジネスオーナー様との関わり方は人の数だけあります。それぞれのニーズに合った動きができるのも、個人で動いているからこそ。気になった方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。