「#ヤクブーツはやめろ」社会派ラッパーSHO S.TIMEさんに聞きたいこと聞きまくってみた

YouTubeでの発信と目指す「グラミー賞」の意味

ーYouTubeの発信スタイルの変化についてもお聞きしたいことがあります。SHOさんはYouTube自体も実は11年前くらいからやられてますよね。最初の頃の動画も観させていただいたんですけど、初期は割と英語のミュージックビデオの動画が多めで今の路上で面白いことやるスタイルではなかったですよね。どのタイミングで今のスタイルになったのですか?
 

2012年にEMINEMの映画「8Mile」のビートを作っていたHAVOC(MOB DEEP)と曲をコラボした時に売り込み方法をマネージャーに相談したら「俺ならまずはアジアでスターにするけどな」って言われたんです。それで、世界に行くためにまずは日本人の心を捉えた方がいいのでは?という考えになって、まずは日本の人の心を捉えようとしています。だから、「よりわかりやすく」という方向性を目指しています。

 

ーなるほど。そうした戦略も色々考えての動きなのですね。ちなみに私はSHOさんの「職質顔パス」がすごい好きです。ライブ前に警官から職質を食らってしまう嫌な経験を、ポジティブに変えようとアイデアを捻って逆転の発想でコンテンツにしてしまい、さらにグッズやCDの宣伝にまで繋げてしまうその心意気というか、生き方がラッパーそのものだなって思って。フローに乗っている。

 

そうですかね。ありがとうございます。ゴールはグラミー賞なので模索しながらやっているし見えていないこともありますけどね。

  

ーグラミー賞を目指しているっていうのは何か理由があるんですか?

 

グラミー賞っていうのは、こんなこと言ったらダメかもしれないけど別にグラミー賞にこだわっているわけではなくて。純粋に音楽でトップとりたいっていう気持ちです。存在を知らしめたいというよりかは、結果出したいんですよ。スキーの時から結果でやってきたので。自分が結果を出しているところをみないと気が済まない。それだけです。僕、よく周りに「なんで地元に貢献しないの?」とか言われるけど世界1位取れば地元も上がるよっていう。そうなった時に周りも理解してくれるのかなって思っています。

 

ーここまでSHOさんを突き動かすものって何なんでしょう?

  

父の気持ちです。20年以上スキーのために生きてきたので、天国にいる父もそれを望んでいると思うので。でも1番を取るのはスキーだけではなく、ラップでもいいと思う。そして父から教わったアスリートの考えを目指していけば、1番を取れると思う。

 

僕にとってはオリンピックの1位を取れることと同じレベルのことじゃないと意味がないんです。みんなが休んでいる間にコツコツ自分は努力するという点では、アスリート時代とあまりやっていることは変わっていないです。ラッパーだけどちんたらやるんではなくて。

 

ーSHOさんの尊敬する人は、お父さんですか?

 

そうですね。あとは2PACとか。JayZの本を読んで彼の成り上がったストーリーを読んだり、彼がブルックリンでコカインを売りさばいていた方法を応用して自分のCDをストリートで売る方法に生かしたりしていました。それがさっき話したCD売って、そのお金でプレスしてまた売って、っていう。

 

ーほー!そういうことだったのですね!おもしろい!!コカインと言えば、「ヤクブーツはやめろ」って曲はどういった経緯でできたのですか?
 

当時合法ハーブが日本で流行ってて、人生がどんどん変わっていってしまう人を自分の周りでも見かけるようになったんですよ。毎日路上立っていたんで毎日会う人もいて、そういう人たちが調子良さそうだったのに合法ハーブで人生がどんどん変わっていっちゃって。ただ、それが直接的な理由というわけでもないんですけど、その当時ちょうどOT genasisっていうラッパーが「CoCo」っていうコカイン愛好の曲を出して。それのリミックスという形で反対のことを言ったらおもしろいんじゃないかと思って「ヤクブーツはやめろ」を作りました。

 

ーじゃあ、けっこうたまたまだったんですか?

 

そうです。たまたま。そのフレーズが降ってきたというか社会がそのフレーズを言わせたというか。それでたけしのテレビタックルでも「社会派ラッパー」として取り上げられて。人と同じのが嫌だから真逆をいきたかったんですよ。

次ページ:人と真逆を行くことを恐れない理由 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


"海外×フリーランス" その先を考えるコミュニティ

【新メンバー募集!】

海外移住やフリーランスを目指すメンバーが集まり、日々の様子を報告!海外移住やフリーランスのリアルを感じられるコミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが5月1日より新規メンバー募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで、介在在住メンバーも多いこのコミュニティならではの情報も手に入ります。wasabiによるヒアリングとアドバイスで、海外で「好き」を仕事にするためのヒントを得て、海外進出のきっかけを掴んでみませんか?