【お知らせ】7月からライプツィヒ在住ブロガーになります!

 

これからどうするのか?

流れるように決まったライプツィヒへの引っ越しですが、私がここに拠点を移すことを決定できたのは、ある程度考えがあってのこと。

 

まず家賃がとても安いので、このまま海外含むノマドワークを続けながら、家を又貸ししたりする必要なく自分の荷物を置いておく倉庫としても使えること。

 

そして、必要であればベルリンへ電車で1時間弱の距離であること。

 

バスでも片道2時間で、バス代は安い時で900円くらい。なので月に数回ベルリンへ遊びに行くことは全然余裕です。

 

実際、ベルリン出身である大家さんは月に1~3回くらいベルリンへ通っているのだとか。

 

「拠点が2つあるのはいつも新鮮で楽しいの!ライプツィヒにいるとベルリンが恋しくなるけど、この家でゆっくりする時間も大好きで、私にとって必要なこと。」という彼女。その気持ち、なんだかすごく分かる。

 

私も拠点を1つだけでなく、2つ持つ方が自分にとってハッピーな気がしています。

 

そう、この移住は「ベルリンから離れる」というよりも、「ベルリンとライプツィヒどっちも楽しめる」という意味合いの方が私にとって強いんです!

 

なので、ベルリンを離れることに関してまったく悲しいとか寂しいという感情はありません。

 

ベルリンに戻りたいと思うことがあればいつでも戻れる自由もありますしね!

 

また、「土地に縛られない自由な生き方を提唱している自分が、どうしてここまでベルリンにしがみつく必要があるのかな?」ということも最近よく考えていました。

 

「ベルリンだけにこだわるのは、ある意味自分らしくないんじゃないか!?」そう思ったわけです。

 

ここを離れて「ドイツ」を知ったら、またベルリンを違った目線から見ることができるようになるんだろうな〜とも思っています!

 

もはや1年や半年ごとにドイツの違う土地や違う国で暮らしてみようかな〜とも思っていますよ。ライプツィヒの家も1年間だし。もちろん、気に入ればもっと長くいてもいい。なんでもいい、自由。

 

でもでも、やっぱり、旅しているときが一番楽しい!

 

これからどこに行こう、何をしよう、この移住を仕事にどう活かそう・・・?

 

そのことを考えるだけで、心が踊ります!

 

今後ライプツィヒの魅力も含めどんどん情報発信に力を入れていきますよ!

 

実はライプツィヒは「ネクスト・ベルリン」や「ニュー・ベルリン」とも呼ばれていて今だんだん注目を浴びている場所なんです。若者を中心としたオルタナティブなプロジェクトもたくさん起こっています。

 

廃墟を利用したDIYなバー
廃墟を利用したDIYなバー

 

こうしたローカル情報や私の移住実体験を含め、ブログ上でコンテンツとして発信していきますので、ベルリン以外の候補も考えたドイツ移住に興味がある人もお楽しみに〜。

 

 

それにしても、ここたった数日の間でこんな展開があるとは自分でもビックリです。

 

もしあのときコイントスでハイデルベルクに行くことになってたら、どうなっていたのかな?

 

そう思うと人生って不思議ですね。

 

このブログは、wasabiの変化とともにどんどん進化していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

欧州であなたの事業のアンバサダーになります!協業企業募集中

2015年からドイツ・ベルリンに在住し、現在はポルトガルにも拠点を置きながら世界中を飛び回って仕事をするスタイルのwasabiがあなたのビジネスを広げるアンバサダーとしてイベント主催、MC/日英独通訳、現地リサーチからコンサルまで承ります。

 

現在はモビリティ、インフラ、BlockchainとAI、アート関連のお仕事を中心に承っていますが、特にジャンルは問いません。

 

モットーは「自分が本当に良いと思ったものだけを口コミの力で伝える」です。そして、それぞれの企業様、ビジネスオーナー様との関わり方は人の数だけあります。それぞれのニーズに合った動きができるのも、個人で動いているからこそ。気になった方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。