情報は情報になった時点で古い

ここ数日すごく天気が良いので、気分がアガってます。

やっぱ天気大事よねー。太陽の力は偉大だ。太陽があるかないかで人の性格は全然変わってくる。間違いない。天気が良いと、なんかなんでもどうでもよくなるもん。笑、良い意味でね!

それで、近くに海があるとさらに最高。人間らしいーって感じる。

それで、トドメは甘いもの。

これはポルトガルの”Bola de Berlim”というお菓子。直訳すると「ベルリン・ボール」という意味。この丸っこい揚げドーナツは、実はベルリンのおやつから派生しているのです。

ベルリンにも、”Berliner Pfannkuchen”と呼ばれるこの丸っこい揚げドーナツがある。ベルリンではこれを大晦日の日に食べる。ポルトガルバージョンは一回りドーナツが大きくて、中に卵クリームが入ってるのがベルリンバージョンとの違い。ポルトガルのお菓子は基本的にこの卵クリームが入ってることが多い。なんでベルリンのお菓子がポルトガルで改良されたのか知らないんだけど、個人的にベルリンとのつながりがあるポルトガルのお菓子ってことでシンパシーを感じるから(そして味も美味しいから)大好きなお菓子です。

ポルトガルは昔輸出入で栄えた国ってことで、世界各国から届くスパイスや調味料などをアレンジしてアマさんが時間をかけてお菓子を開発してきた歴史があるからお菓子の種類が多いそうな。

 

ポルトガル人は本当甘いもの好きな人多いなーって思う。

おやつの時間になると、工事現場で働いてるごっつい男たちがペイストリー屋さんに並んでたりして、なんかのほほんとするんだよ〜。人懐こい人も多いし。

うちの前で今工事してるからこの工事現場のおっちゃんたちと毎日顔を合わせるんだけど、最初は通るたびに口笛吹かれたり、ニーハオ言われたりしてたんだけど最近私が間違って工事現場のバリケードを破って中に入ってしまったら、そこから仲良くなった。笑

話してみたら結局良い奴だったんかーい!みたいな。

まぁ、お互い何話してるかよくわかんないんだけどね。笑

 

まぁそんなことはどうでも良くて、最近情報について考えることがある。

それは情報っていうのは情報になった時点で古いってことだ。

これ、誰かが言ってた気がする。誰だか忘れたけど。

 

バイアスがある人間にとって、「情報を集める」ということは、中立になるためなんかじゃなくて結局は自分の信じることを正当化するための行いなんじゃないかと思う。つまり、「何が自分にとって正しいのか」ということが自分でわかっていない人が情報収集すると、情報に振り回されることになる。

情報というのはあくまでも自分が正しいと思っていることを裏付けするためのピースに過ぎないんじゃないかってね。だから「自分にとっては正しいけど、他の人にとって正しいとは限らない」っていうある意味での偏りを受容することが必要になってくる。

 

って考えると、最近「情報収集」って言い訳がましい行いに見えちゃうんですよね〜。

だって自分で自分が正しいって本当の意味でわかってたら情報というピースに支えてもらう必要なくない?自分で自分の答えがわかってたら、外部の情報にそれを証明してもらう必要がなくなっちゃう。インターネットで情報発信してる身としては、こういう矛盾を最近抱えながら情報というものを捉えています。

 

もっと深堀っていくと、情報を発信するという時点で、まずその発信者には必ず自分の中で繋がっている「真理」というものがあって発信してる。そこに論文や参照くっつけたりして「理論」という多くの人に共通する言語を武器にして正当化する。まず、その人の中で「真理」があるからいろいろ理屈くっつけて自分のストーリーを作れるわけよね。

 

情報を作るのが人なのだとしたら、1番早いのはその人の中の真理であっていろいろ後付けされた「理屈」ではない。人間にとっては、「真理」あっての情報だから。情報が真理を作るのではないと思う。情報が真理を作るというのは、ビッグデータを扱えるAIの仕事。

 

「最新情報」なんて言葉は本当に言葉のあやで、情報は情報になった時点でもうすでに古い。

 

情報ができること、1番意味があることは「自分の中でなんとなく気づいてたけどはっきりと言語化できなかったことに気づかされる」ってことなのかなって思う。そういうきっかけを作れるのは情報かなって。でも、それも自分の中にある真理にアクセスできれば1番最速なのだけど。それができる人はもはや情報を探そうとしないはず。そういう人は「人に説明しないといけないから」って理由で情報(理屈)を探していくことになるんじゃないかな。うん、やっぱり言い訳がましく感じる。笑

 

だから、今私がここに書いてることも1文字1文字書くたびにどんどん古くなっていて、今もっとも最新なのはこれを読んだ人が「どう感じているか」という部分なのだと思う。「どう感じるか」っていう電気信号は5Gよりも早いでしょう。そういうのを「直感」とか呼んだりするんだろう。

 

ってなことを、バルコニーでポカポカ日光浴しながら考えてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


欧州であなたの事業のアンバサダーになります!協業企業募集中

2015年からドイツ・ベルリンに在住し、現在はポルトガルにも拠点を置きながら世界中を飛び回って仕事をするスタイルのwasabiがあなたのビジネスを広げるアンバサダーとしてイベント主催、MC/日英独通訳、現地リサーチからコンサルまで承ります。

 

現在はモビリティ、インフラ、BlockchainとAI、アート関連のお仕事を中心に承っていますが、特にジャンルは問いません。

 

モットーは「自分が本当に良いと思ったものだけを口コミの力で伝える」です。そして、それぞれの企業様、ビジネスオーナー様との関わり方は人の数だけあります。それぞれのニーズに合った動きができるのも、個人で動いているからこそ。気になった方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。