「使えるドイツ語」を学ぶために私が実践しているシンプルな学習法

LINEで送る
Pocket

どうも、ライプツィヒに引っ越して約1週間が経ちました。wasabi( wasabi_nomadik)です。

 

実はここに来て始めてコワーキングオフィスを1ヶ月契約してみました。というわけで最近は毎朝オフィスに通って仕事しています。

 

コワーキングスペースのバルコニー
コワーキングスペースのバルコニー

 

コワーキングスペースには私以外の外国人がほとんどいないので、ドイツの会社で働いているような感覚でとても新鮮です。

 

もちろん日常会話は100%ドイツ語。皆英語を喋れるのですが、私のドイツ語学習のためにあえてドイツ語縛りにしてもらっています。

 

おかげさまで毎日新しい言葉を学び、それをすぐに実践で使える環境でとてもとても嬉しいです!

 

最初はもう一度語学学校に通おうとも考えたのですが、仕事が忙しいと通学が負担になることや臨機応変にライプツィヒを離れられなくなってしまうことから学校に通うのは現実的ではありませんでした。

 

そこで考えたのがコワーキングスペースでオフィスを借りるというアイデア。これによってお金を払って学校へ通学する代わりに仕事しながらドイツ語を学ぶことができています。コワーキングスペースではほかの利用者とランチを一緒にしたり、仕事後に遊びに行ったりという交流があるので、これらの場面を通して自分のドイツ語がグングン伸びているのを感じます!

 

ドイツに限らず、海外でフリーランサーとして働く人は語学のためにコワーキングスペースを利用するのは大アリ。オフィスを借りることで仕事に集中できる環境を手に入れられるだけでなく、学習環境としてもメリットがあると感じています。

 

もちろん、コワーキングスペースの特性によって利用者同士の関係性がもっとあっさりしていて交流が見込めない場所もあるので、オフィスを借りる際は必ず見学利用してから決定することをおすすめします。

 

 

さて、私が普段ドイツ語を学ぶために習慣にしている学習法。それはとっても簡単です。

 

「日常生活の実際の会話のなかで分からなかった言葉を単語帳に入れる」

sponsored link

 

たったこれだけ。流れはこうです。:

 

  1. 日常生活のなかで聞いた分からない単語や、「どう言えばいいんだっけ?」と思った単語があればその場で辞書を使って即効意味を調べる。
  2. スマホの単語帳アプリにその単語を書き記す。
  3. SNSをチェックするときなど毎回その単語帳に目を通す。(スマホの待ち受けの分かりやすい位置にアプリを配置しておくと◎)

 

実感として、この方法で単語を学ぶと普通に本で学ぶよりもかなり覚えが良いです。

 

単語を単体で覚えるとすぐに忘れてしまいがちですが、それはその単語が使われているコンテクストを理解しないと単語に臨場感が生まれず、身に入らないから。

 

英単語の暗記でも例文ごと覚えるのが良いという説があります。

 

その点、この方法だと日常生活で出てきた実際の「使える単語」を日常の自分が体験したコンテクストの中で覚えることができるのでとても効率が良いのです

 

そして、できればドイツ語は英語で覚えるのが好ましいと思っているので、私はこの英独ポケット単語帳を常に持ち歩いています。(詳しい理由は上記記事をチェックしてみてくださいね!)

 

 

私は上記ミニ辞書に特別な思い入れがあるため使っていますが、今はスマホアプリで十分に機能する英独辞書もインストールできるので完全デジタルで学習することももちろん可能です。その辺はお好みで自分に合うツールを探してみてください。

 

そして、分からなかった単語を入力するために私が使っているおすすめの単語帳アプリはこちら。

 

 

紙の単語帳でももちろん代用可能ですが、やっぱりスマホだと話の途中でもサッと取り出してペンなしでメモしやすいことからアプリでの学習が気に入っています

 

留学などでドイツに滞在している人は、これらのツールを使って日常的に新しい単語を覚えていく習慣をつけると良いと思いますよ!

 

私もがんばります!

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*