私がワーホリを推しまくる理由

LINEで送る
Pocket

どうも!”自称”ドイツ・ワーホリ大使のwasabi(@wasabi_nomadik)です。

もちろん、そんなものはありませんが・・・

このブログをご覧の方はご存知かもしれませんが、実際私はドイツ大使館のブログ、

「YOUNG GERMANY」にて、ドイツ・ワーキングホリデーでできる事@ベルリン 

というコラムを書かせて頂いております。このような機会を下さったドイツ大使館の方々には心から感謝申し上げます。

そもそも私がここまでワーホリが素晴らしい!と言うのには訳があります。

それは、一般的にワーホリの持つ別の魅力が全然伝わっていないということです。

ワーホリって、ただ海外でバイトして遊ぶだけのビザであり、1年したら帰国するだけの何の生産性もないようなイメージがつきまとっているような気がしてなりません。

事実、私の周りでも大学卒業後に就活で失敗したり、進路が決められなかったからとりあえず海外に行ったという人も確かに多かったので、そんなイメージがもたれてしまうのも無理ないのかもしれません。私がワーホリに行くと報告した友達の中には「いいな〜遊びまくりじゃん」とうらやましがる人もいました。

f:id:wsbi:20150829005558j:plain

ワーホリの典型的なイメージ写真?バイトして旅して、南の島でのんびり〜みたいな・・・

(ちなみにこの写真はギリシャ。もはやドイツではない・・・)

かく言う私、そういうの大好きですけどね!

でも、私は今回のドイツ・ワーホリでは遊びに行くつもりよりも、自分のキャリア形成をしたいという理由が大きかったので、「いっぱい遊べるね!」と言われても、心の中では「う〜ん」と腑に落ちませんでした。

ワーホリから帰国して就職活動をしても、履歴書にワーホリに行っていたことを書くと印象が悪いから書かない方が良いという先輩もいました。

もちろん、ワーホリの最大の利点は「自由」であることです。

決められた条件内なら働いてもいいし、遊んでてもいいし、勉強してもいい。

過ごし方は人それぞれで、「こうあるべき!」というワーホリ像なんてありません。

でも、ドイツ・ワーホリに限っては「労働の制限がない」ので、この特典を使わないのはもったいないと私は思うのです。

sponsored link

ドイツにフリーランスビザでアーティストや執筆家として長く滞在する日本人でも、労働には制限があります。労働の制限がなくなるのは一定期間ドイツに滞在し、納税や生計の証明をたてられる人にだけ与えられる特権で、かなり長い道のりなんです。

私の知り合いのアーティストである在住日本人の方は8年目にしてようやく、アート以外の職業もできるようになりました。

こんなふうにして、労働の制限なしという条件はなかなか手に入らないものなのです。それを、日本円にして約30万円弱の資金証明と必要な書類さえ出せば簡単に取得できるドイツ・ワーホリは是非とも有効に使って頂きたいです!

どんな風に有効に使えるのか?その例は私が本日更新したYOUNG GERMANYの記事をご覧頂けるとイメージが湧きやすいかと思います。

young-germany.jp

今回は現地で「スタートアップ企業」のインターンをしている方へのインタビュー記事を書きました。

私の記事は、本格的に海外移住をしてみたい人にとって有益な情報を選んで発信しています。なぜかと言うと、海外移住できる能力が身に付けば、日本でもどこでもキャリアアップに繋がると考えているからです。

彼女のように、まずはインターンからスタートして経験を積めば、そのまま現地の企業にも入れますし、日本の企業もそんなグローバルな経験をして来た人は欲しいに決まっています。

もっともっと、ワーホリの魅力が伝わると嬉しいな〜と思う今日この頃です。

と、同時に「私はこんなワーホリを満喫中!」という面白いワーホリの過ごし方をしている方がいれば是非ご連絡ください。twitterやブログ等でシェアさせていただきたいです。

自由だからこそ、クリエイティブな過ごし方もできますよね。もっと色んな過ごし方を知りたいので取材にも力を入れていきます!

では!

sponsored link

LINEで送る
Pocket

4 Comments

  1. 初めまして。
    私もこれからドイツへワーホリへ行き、そこでワサビさんのブログを見つけていつも拝見させて頂いてます。

    ワサビさんはドイツへ移住する予定でいらっしゃいますか?☻

    • tomさん
      はじめまして、こんにちは!ドイツへのワーホリへ行かれるとのこと、楽しみですね!私はベルリンが本当に気に入ってしまったのでワーホリのビザが切れた後はフリーランスビザの申請等をして更に滞在することを考えています。移住したい人にとって、ワーホリはどんな仕事でもできるので現地での就労経験を積むのにとても良いと思います。私はそろそろビザのことを考え始めなければいけないので、どんな風にしてビザをとるのか等もブログで紹介していく予定でいます。また是非ブログを覗いてみてもらえたら嬉しいです。

  2. はじめまして!ノルウェーにワーホリビザで移住中の”にしいたかひろ”と申します。
    たまたまYoutubeでTedを拝見してブログのことを知りました。
    僕の場合はやりたいことがあったにも関わらずに大学卒業後就職をしました。ですがどうしても諦められないという理由で会社を退社し、ノルウェーへの移住を決断しました。
    僕も自分のブログで記事を書いているのでワサビさんの記事は非常に勉強になります!
    僕の場合は”プロスノーボーダーになるためにノルウェーワーホリ満喫中”です。
    一年以上前の記事ですが共感する部分が多かったので思わずコメントしました^^

    • コメントありがとうございます!
      ”プロスノーボーダーになるためにノルウェーワーホリ満喫中”
      とても素敵です。ブログ拝見いたしました。ノルウェー楽しそうですね、行ってみたいなぁ〜。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*