Vivaldi非対応で表示されないサイトをChrome拡張機能で一発表示する方法

browsers
LINEで送る
Pocket

どうも、Vivaldi愛用者のwasabi( wasabi_nomadik)です。

 

以前、新たしく登場したブラウザー「Vivaldi 1.0」についての紹介記事を書きましたが、Vivaldiを使って以来その驚くべき便利さの虜になってしまってもうChromeには戻れない気がしています。

 

美しいタブスタッキング、カスタマイズ可能なサイドバーやショートカットキーなどは調べ物が多い私にピッタリ。モダンなUIも本当に気に入っています。

 

そんなVivaldiですが、ただ1つだけ悩ましいことがありました。それは、新しいブラウザーゆえに対応していないサイトにちらほら遭遇すること。

 

たとえばブログサービスの「Medium」はVivaldi非対応です。閲覧やプロフィール各種設定などはできますが、肝心の記事投稿ができないのです。

 

vivaldi_screenshot

“New Story(新規投稿)”が表示されるべき箇所が”How do I write?(どうやって書くの?)”になってしまっています。

medium
そこをクリックすると対応しているブラウザが掲載されている。

 

上記リストの中に残念ながらVivaldiの姿はありません。「じゃあVivaldiではMediumを更新できないのか?!」とガッカリするかもしれませんが、「User-Agent Switcher for Chrome」というChrome拡張機能を使えばVivaldiでもMediumへの投稿が可能になります!

 

なんなら、Mediumだけではなくその他表示されないVivaldi非対応のページも「User-Agent Switcher for Chrome」で表示可能になる可能性があります。

 

「User-Agent Switcher for Chrome」とは?

簡単に言うとChrome上でユーザーエージェントを変更し、複数のブラウザのなかから好きなブラウザに偽装してページを表示することができる拡張機能です。VivaldiはChromeと同じレンダリングエンジンを使っており、Chromeの拡張機能を使えるのです。

sponsored link

 

使い方

Vivaldi上で、ここからインストールしてください。

 

「Chromeに追加しますか?」という表示が出るので、追加をクリックします。

 

右上にメガネマークが現れます。
右上にメガネマークが現れます。

 

切り替え可能なブラウザーはInternet Explorer、iOS、Android、Windows Phone、Firefox、Opera、Safariです。デフォルトはChromeなので、それ以外のブラウザを選んでください。たとえばSafariを選ぶとこんな感じです。

 

vivaldi_screenshot
Mac Safari 7と出てきたのでこれをクリック。

 

ブラウザ名を1回クリックしただけでは切り替わりません。そこからまた上記のようにバージョンを選んでクリックしてください。これで切り替えは完了です。

 

きたー!
きたー!

 

無事、Vivaldi上で新規投稿ができるようになりました。

Mediumに限らずVivaldiで非対応のページに出くわしたらぜひ「User-Agent Switcher for Chrome」を使ってみてはいかがでしょうか。試してみる価値ありです。

 

切り替えがとっても簡単でストレスフリーなのでサイトが表示されなかったり動画が再生されないときもサクッと他ブラウザーに切り替えられて便利。

 

ちなみに通常のVivaldiブラウザに戻りたいときは「Chrome」を選択、そこから「Default」をクリックすればアイコンが普通のメガネに戻ってVivaldiブラウザーになります。

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*