ここまで来てるドイツの豆腐文化:おしゃれすぎる豆腐!ベルリンの「Tofu Tussis」がもはや豆腐じゃない

LINEで送る
Pocket

どうも、豆腐は肉だと思っているwasabi( wasabi_nomadik)です。

ドイツではベジタリアンが多いことはこのブログでも何度か紹介していますが、ドイツでは豆腐の食感や栄養分が肉と似ている事から、「豆腐は肉の代わり」という認識があります。

先日も、NHKのニュースでドイツの豆腐人気っぷりが報道されていたようですね。

そうなんです、ドイツにはベジタリアン用にソーセージからハムまで豆腐でできた製品がたくさんあって、しかも豆腐と言わなければ分からないほど味も見た目も肉そっくりなんです。

 

そんなドイツの豆腐文化はかなり進んでいて、私は先日マーケットでこんな豆腐ショップを見かけました。

 

その名も“TOFU TUSSIS” (https://www.tofutussis-berlin.de/)

Tofutussis Berlin 2015
TOFU TUSSIS Berlin 2015

TUSSISとは日本語で「かわいこぶりっこ」という意味らしいです。(英語の”Bitch”に近い)

ちょっと「小悪魔的な豆腐」って認識で良いかと♪(笑)この女性達がドイツのオーガニック大豆のみを使用して全て手作りで作っています。完璧にビーガン仕様で、動物性の成分は一切使用していません。

 

TOFU TUSSISの豆腐は、豆腐と言っても、ただの白い四角い豆腐ではなく色々なフレーバーがあるのが特徴です。そして、その豆腐達がまぁ、オシャレなこと・・・!予想外のフレーバーで攻めてきます。さすが、小悪魔的豆腐!

sponsored link

「地中海風豆腐」TOFU TUSSIS Berlin 2015
「地中海風豆腐」TOFU TUSSIS Berlin 2015

 

「カレーマンゴー豆腐」TOFU TUSSIS Berlin 2015
「カレーマンゴー豆腐」TOFU TUSSIS Berlin 2015

 

このカレーマンゴー味の豆腐はなかなかおいしかったですよ〜。

 

それにしてもなぜ「カレー×マンゴー」の組み合わせなのかー。

 

ドイツのベトナム料理屋さんに行くと、「豆腐入りマンゴーカレー」っていうのが鉄板メニューとして置いてあるんですが、「どうせなら全部混ぜちゃえ!」っていう感覚からこのフレーバーが出来上がったのだと思います、あくまでも予想ですが。

 

そして、最近食べた「きのこ入り豆腐」というのが、マーケットではもはや「一番チーズに近い味ですよ」と言う売り文句で、パンに乗っけて試食を勧められたのが衝撃でした!

 

DSC_0387

 

まんまと買っちゃいました。もはや食感も味も見た目も本当にチーズみたいで今まで持っていた豆腐の概念を覆されましたよ。

改めて大豆ってスゴイなぁと。ベジタリアンにとって、醤油や味噌、豆腐は頻繁に使う、なくてはならない食材なので。

 

こんな風にパンに塗って食べました。
こんな風にパンに塗って食べました。

 

豆腐をパンに塗って食べるなんて考えた事なかったなぁ。

これから豆腐は「肉の代わり」だけではなく「チーズ」の代わりにもなるということです。

しかも、このTOFU TUSSISはプロダクションバリューも良し。オシャレで話題性もアリ。ドイツの豆腐に興味がある方にオススメしたい、これからの注目株です。

 

▶︎ TOFU TUSSISのウェブサイトはこちら https://www.tofutussis-berlin.de/

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*