獨協大学でトークイベント:新卒就職以外の道?海外でフリーランスとして働く

wasabi portratit
LINEで送る
Pocket

どうも、東京なう!wasabi( wasabi_nomadik)です。

 

今は滞在5日目なのですが友人と再会したり、仕事のミーティングをしたり、知らなかったカフェを発掘したり・・・久々の日本を楽しんでいます!

 

このブログでもお知らせしている通り9月11日(日)にwasabi主催のゼミイベントを町屋で行うのですが、それとは別に私の母校である獨協大学で学生向けのトークイベントの開催が決定いたしました!

 

wasabi portratit

 

タイトルは「新卒就職以外の道?海外でフリーランスとして働く」です。以下獨協大公式サイトから概要を引用します。

 

自由に生きていくために、大学生活の中ですべき1番大切なことは?海外でフリーランスの仕事を開拓する意義とは?

ドイツで翻訳家、ブロガーとして活躍中の本学卒業生 藤沢祐子さん(14年交文卒)が一時帰国、獨協生とのトークイベントに登場します。

藤沢さんは本学卒業後、新卒フリーランスとして単身ドイツに移住。ドイツ情報、フリーランス関連情報やライティング、語学のノウハウなど多岐にわたって発信しています。TEDxYouth @ Kobe2016にも登壇。

興味のある方は是非、トークイベントにご参加ください。

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:天野貞祐記念館4階 ICZ Room2

sponsored link

 

 

大学生のときに知りたかったのは「人として自由に生きていく方法」

私は大学生のときに「どうして学生向けのイベントって就職の話ばかりなんだろう?」とずっと思っていました。テーマと言えば、良い会社に入るために大切なこと、内定をたくさん取るコツ、エントリーシートの書き方などなど・・・これらはもちろん就職において役立つ情報であることは間違いないのですが、大学という知の場で「就職とは何か?」というそもそもの議論ができる場所がとても少ないと感じていました。というのも、どうして就職したいのか、どうしてこの会社に入りたいのかを分からないまま悩みながら就活をしている人が非常に多かったのです。

 

今ブログで相談をしてくる大学生もまさに同じようなことで悩んでいます。「本当は海外に住みたいけれど、就職するべきか迷っている」という文言は今までたくさん見てきました。

 

そこで、今ドイツに住んでいる私の目線で大学生が本当に考えるべきことや今後自分の欲しいライフスタイルを実現するためにどうすればいいのか具体的なことをお話しようと思っています。

 

今回のイベントはwasabiが獨協時代に入っていたゼミの担当教授、工藤和宏先生のご協力のもと実現しました。

このような形で大学を再訪問できることがとても光栄です。

 

外部参加者も少数募集!

今回のトークイベントは獨協大学の学生をメインターゲットとして開催しますが、外部からの参加者も少数であれば受付可能とのことです。もしトークイベントに興味がある方は以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*