海外移住を目指した私が最初に「留学」を手段に選ばなかった理由

LINEで送る
Pocket

どうも、勉強大好きwasabi( wasabi_nomadik)です。

頭が良いかは別ですよ?でも私は本を読んだり考えることが大好きで、出来れば1日中ぼーっと壁を見つめながら宇宙について考えていたいくらいです。(なんだか完全にアブナイ人ですね。)

 

先日のライフハッカーでの記事内でも少し触れましたが、そんな私がもともとドイツという国への移住に興味を持ったのが「ドイツは大学の学費が無料」という事実です。

 

この話を知らない人に話すと、よく「外国人でも無料なの!?」と驚かれますが、はい無料です。

国立大学に限りますが、年間少しの共済費がかかるだけで基本的に学費は無料なんです。ドイツの大学については詳しくはドイツ大使館ブログYOUNG GERMANYの記事も是非参考にしてみてください。

 

私のように、日本の大学在学中に交換留学などをして1年くらい海外に住んでから、卒業後にまた海外へ戻る形で移住したいと考える人はけっこういるのではないでしょうか?

study_abroad

そういう学生や大学を卒業したばかりで就職経験もない人って、海外移住するにはどんな選択肢があるか分からないことも多くて、日本人で海外に住んでいる人を見てみると海外移住するにはもう一度「留学」するか頑張って「現地就職」を狙うか日本企業の「海外駐在員」になるか、はたまた「凄腕のフリーランサー」になるかしかないと思いがちです。

 

これは確かに間違っていなくて、一番レールに乗っかって安全に移住が達成できそうなのは「留学」と「海外駐在員」になることです。ただ、現地就職だとその国の言葉が堪能である必要があるし、卒業したばかりのなんのキャリアもない人がすぐに就職先を見つけるのは難しい面があります。(それでも、インターンシップアウスビルドゥング等色々方法があるんですけどね!) フリーランサーも、まずはフリーでやっていけるだけの経験を積み、クライアントをゲットしないことにはなかなかハードルが高そうに思えます。

 

卒業後すぐに海外に戻りたいと考える人にとって、日本の企業に就職して駐在員を狙うのは何年待たされるか分からないという不安もあり、私の周りでも同じように海外に戻りたいと考える人は「留学」やワーホリでの「語学学校」を選択肢にする人が多かったです。私も、最初はまた大学院に行きたいと考えていたので、卒業後はすぐドイツ留学することも考えていました。

 

それでも私が「留学」を移住の手段として選ばなかったのには理由があります。ちょっと長くなりますがなるべく簡潔にまとめてみました。

 

まず自分で稼いで自活してみたかった

これが一番大きな理由です。中には学費も生活費も全部自分で稼いで大学生活を過ごしている人もいるでしょうが、私は完全に親に頼りきりで実家暮らし。自分の稼ぐお金だけで生きてみたことがなかったんです。イギリス留学時代は毎月親から仕送りが来ましたが、その度にすごく申し訳ない気持ちになって、でも生活自体はめちゃくちゃ楽しくて・・・そんなジレンマを経験した後に「自分で生活する」ということが一体どういうことなのか、感覚として分からないことが自分の中ですごく気持ち悪く、大学卒業後はすぐに自立したいと思っていました。なので、自分としてはまたすぐ親にお金を借りて海外で生活・・・というのは何かが違う気がしました。

 

受け身な学生マインドのままでいたくなかった

「学生の頃、もっと勉強しておけば良かったなぁ〜」という発言をする大人って多いですよね?この感覚、すごく分かりますよ。学生でいる状態だと学生でいることの素晴らしさが何なのか気がつかないんです。もちろん、少数ですが色々な事に積極的に活動している人やガンガン攻めの姿勢な学生もいます。ベルリンで出会ったスーパー大学生カズキ君は良い例です。でも、学生の段階でここまで悟れている人はかなり稀で私は学生のうちに学生でいることの何が素晴らしいのか分からないままでした。勉強自体は好きなので、大学院に行ったら勉強は頑張っているでしょうが、効率的な時間の使い方や自分が今何をすべきか、何ができるかを明確に分からないまま本当に壁をぼーっとみつめて思考にふけるだけの生活になっていたと思います。(それも、いいですが!)こういう受け身のままで勉強しても、それが自分の将来にどう繋がっていくのか、どう繋げていけるのか等を考えながら積極的に学べないと思ったんです。

sponsored link

 

そして、ある意味大学という組織で学ぶ事もそれ自体受け身な部分があると思っています。学部生の場合ですが、すでに何百年も他の学者が研究済みのことや結果が出ていることを後追いする形でなぞって勉強し、それを正しく理解することがメインだからです。だからこそ決められた形式でレポートを書き、正しく理論構築することを徹底的にトレーニングします。これも必要な事ですし、ある程度楽しいのですが、私は「誰も発見していないことを発見しないと意味ない!」と思っていたのでかなり鋭利なことを書いてレポートを提出したら「こういう議論はまだしなくていい」と言われて大学に絶望したことがあります。(ちなみにこれは日本の大学でもイギリスの大学でも同じ事を言われた)

 

就活も「大学院への留学」も根本的には同じだと感じた

上記と似ていますが、結局のところ自活したことがない人が大学卒業後すぐに大学院進学すると、この「受け身感覚」を引きずったままになります。考えてみたら、私たち日本人の多くは「幼稚園〜小学校〜中学校〜高校〜大学〜就職」というレールの上で、一生のうち何かしらの組織から外れることがほとんどないんです。そういう自分が新たな「組織」である大学院を考えるのは無理ないことなのですが、途中で気づいてしまったんです。これじゃ、卒業後「とりあえず就職」する感覚と大して変わらないと。まずは、これをクリアしないと大学院に行く意味がない気がしました。そして、一度社会の「組織」から離れて、根なし草になる感覚を知りたかったというのもあります。そういう感覚を知った上で勉強すれば学びの姿勢が受け身感覚の学生とは絶対に違うはずだと思いました。事実、イギリス時代に結婚〜就職を経てもう一度大学院に入り直したチリ出身の夫婦の友人がいましたが、彼らは自分が働いて経験して来た事から、何を大学で学びたいのかがすごくはっきりしていて、私とは学びの姿勢も時間の使い方も全然違っていて、そんな彼らを羨ましくも思っていました。時間の使い方が違うというのは、彼らは短い大学院生活の中でやりたいことを全てやっていたのでかなり忙しかったんです。常に大学の課題、企業でのインターンシップ、友達との交流で忙しく動いていました。

 

大学院卒業証明書はもらえても「就労経験」はもらえない

受け身のまま勉強するのは嫌だと思った私はもちろん海外での現地就職の道も考えました。でも大学在学中に学生でいる事の価値を分からずインターンシップも、自分が興味のあることにもあまり挑戦してこなかった私には卒業後にキャリアとして語れるものが何もありませんでした。そんな自分に憤りも感じたこともあります。でももっと怒りを覚えたのは日本の教育かもしれません。高校受験に始まり、勉強さえやっていれば、内申点さえ良ければ大丈夫だと教えていますが大学卒業に本当に必要なのはスキル以外の何ものでもありません。どうして誰も、大学卒業後に本当に必要なことは何なのか教えてくれないのでしょう?私はこの風潮は詐欺だとさえ思っています。よっぽど外の世界が分かっている学生は別として、経験値のない学生は比較対象がないので、こう言われたらそうなんだと信じるほかないからです。それで、就活のときになってそれに気がついた学生がパニックになって焦る▶︎就職難だと脅される(実際はほぼみんな最終的に就職できる)▶︎なんとか就職▶︎でも理想と違い辞職、という一定の流れができている気がしませんか?

 

こういう事を考えていたので、大学院卒業をしても在学中にインターンシップでもやらない限り就労経験はないままですし、現地就職するにしてもまた日本の大学卒業時と同じような位置に振り出しに戻ってしまう気がしたのです。もちろん現地の大学卒業資格は現地就職にもフリーランスで活動するにも強力なブランド力を持ちますが、私がまず欲しいのは就労経験の方だと思いました。

 

と、またまた長くなってしまいましたが以上が私が大学卒業後すぐに大学院へ進学しなかった理由です。

そんな私ですが、今実際にライターや、翻訳、ジャーナリストの仕事をしていると猛烈に大学へ行きたいです。

実際にやってみたからこそ、何を自分で学べて何が大学で学べるのかすごくはっきり分かるんです。最近は大学に行きたい欲求がものすごく膨らんでいます。それと同時に仕事の方も上手くいっているし、ベルリンはめちゃくちゃ楽しいので来年以降の進路は悩んでいるところなんです。大学に行くにせよ行かないにせよ、仕事は今以上に力を入れて続けていきますが正直時間も体も足りないです。

ところで、私が学びたいのはジャーナリズムでしてもう既に目星をつけている学科があります。ドイツへの大学院を考えている人も多いと思うのでこれについても詳しく別の記事で紹介しようと思います。

sponsored link

LINEで送る
Pocket

“海外移住を目指した私が最初に「留学」を手段に選ばなかった理由” への 3 件のフィードバック

  1. ちょっと外に出てみて考えてみたり、試してみたりするとと本当に自分が何したいか学びたいか、どこにいたいかハッキリしてくるものだなと最近すごく感じてる。

  2. 海外進出を考えていて、ワサビさんの文章に感化されまくったnoopyです。
    何度か記事を拝見していましたが今回の記事、まるでわたしの頭の中を文章化してくださったかのような。ちなみに学生であることの素晴らしさを思う存分満喫し、体も時間も足りない毎日を送っています。

    1. そう言っていただけて嬉しいです。学生である事は、本当にそれだけで恵まれた環境なので是非毎日忙しく充実した日々を送ってください。私も今は自分にできることをやって、またすぐいつか勉学に没頭したいです。海外進出、応援しています!

コメントは受け付けていません。

月額制オンラインサロンを始めました!

DMMサロン

「海外移住やフリーランスの仕事をするために、まず何からどうやって始めたらいいの?」

こんな疑問を解決すべく、この度DMMオンラインサロンにて3ヶ月集中型のスクールを開講しました!