ドイツ語が喋れてるように見えるテクニック?!ドイツ語の返事に困ったときに私がしている方法

イベント
LINEで送る
Pocket

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

ドイツに来て早くも1年経とうとしています。

 

さて、私のドイツ語は上達したのか?と聞かれれば正直どう答えたらいいか分からない感じです。

 

私がドイツ語を使うタイミングは、主に日常生活の買い物の場面です。

スーパー、パン屋、レストラン、カフェ、家電屋、郵便局などなど・・・基本これらは全てドイツ語で行っています。

 

イベント

 

私が英語を喋るのは、始めての人がたくさんいるパーティーやミートアップ、イベントなどの場面です。

人とちゃんと交流して深く話す必要がある場面は英語を使うことがほとんどですし、私が顔を出すような場は共通語が英語である確率がとても高いです。これはベルリンならではでしょう。

 

ドイツ語に関して、簡単なやり取りなら問題ありませんが、まだまだ私は英語と同じレベルでは自分の言いたいことの詳細や複雑なことはスラスラとドイツ語で伝えられません。

 

ドイツ人とドイツ語で喋るときも、ついつい「ドイツ語は勉強中なの〜」と言い訳してしまいます。自信がなかなかつかないんですよね〜。

 

しかし、私はとある法則(?)に気がつきました。

 

こんな私ですが、あることをするとドイツ人から「ドイツ語喋れてるじゃん!」とか「上手いよ!」と言われるのです。

 

それはズバリ・・・

 

「質問を質問で返す」

 

です。

 

どういうことか説明しましょう。

 

私がドイツ語で最も苦手としているのは、今のところ「リスニング」です。

知っているボキャブラリーが少ないから、単語を拾えないのです。

 

私は一応文法や単語など超基本的なものは勉強してきたので、それを応用すれば簡単な質問をしたり自分の言いたい事を表現するのはそこまで難しくありません。

sponsored link

 

問題は、自分の言いたい事を伝えてから相手が「返事」したときなのです。

 

そう、自分の言いたい事を言い終わった後に相手が何か言ってきてもそれをパーフェクトに理解できなくて会話が終わったり戸惑ってしまうという悪循環が起きるのです。

 

これを解決するために私は、「相手の質問はとりあえず無視して、こっちから簡単な文章で質問し直してYESかNOで答えさせる」という方法で自分のペースに持っていくようにしています。

 

 

(例:コピー屋さんで実際にあった会話)

wasabi「これ印刷しようとしたら、なぜかこのコピー機が使えなかったんだけどどうすればいい?」

 

店員「※△◎□*@※?(ドイツ語で何か聞き返された)」

 

wasabi「このパソコンで出力していい?」←とりあえず質問は置いておいてYESかNOの質問に持っていく

 

店員「※△◎□*@※?」←また何か聞かれた

 

wasabi「やってください!OK?」

 

店員「いいよー」

 

コミュニケーションで詰まったら、とにかく自分の言いたい事や欲しいことを主張するのに徹するのは良い方法かも知れません。私は英語が喋れなかったときも、パーティーの場で会話についていけない時に会話の流れを遮って自分で質問し直すことでコミュニケーションを取るようにしていました。

 

会話を遮るなんて失礼と思うかもしれませんが、一番マズイのは「会話しない」ということですからね。

 

そういう感じでドイツ語も、相手のことを理解していないくせに押して押して自分のペースに持っていくことを心がけています。

(その前にちゃんと勉強しろよって話なのですがw)

 

必ずしもこれが毎回上手くいくわけではないのですが、ここまでなんとかドイツ語でやれていると考えるとあながち悪くない即席テクニックなのではないかと思っています。

 

ほんとこれは、相手の言ってることが何も分からなかった最悪の場合ですが!

同じ状況がよくあるという方は是非やってみてください。

 

実態は相手の言ってることが分かっていないのに、端から見ると「なんかドイツ語でコミュニケーション取れてる人」っぽく見えますよ。w

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*