SEOの未来は人類の「道徳的価値観」にかかっている?

TEDx
LINEで送る
Pocket

どうも、最近ディレクター業を始めたwasabi( wasabi_nomadik)です。

 

まだまだ駆け出しの私ですが、最近はウェブディレクションには欠かせない「SEO」について勉強しています。

 

SEOとは”Search Engine Optimization”の略語で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。これは簡単にいえばウェブサイトを検索エンジンの結果で上位に出てくるように、そしてページを上位に持って行くことでより多くの集客を上げるために工夫をすることです。

 

検索エンジンの代表格としてはみなさんご存知のYahooやGoogle等いくつか挙げられますが、日本の検索エンジンのシェアの9割はGoogleが占めていると言われており、世界的にも「Googleを制する者はSEOを制する」という認識で、基本的にはGoogleの検索アルゴリズムを研究し、Googleで検索上位に表示されるための(ある意味、Googleに好かれるページを作る)対策を練ることがSEO対策です。

 

自分がブログをやっているので、学ぶテクニック1つ1つが自分のやっていることに直結していてなかなか興味深いのですが、SEOの勉強をしていているとふっと「そもそもSEOは本質的に何に基づいているのか?」と考えることがあります。

 

というのも、Googleは日々進化していて「ユーザーに役立つコンテンツ」を的確に届けるために検索アルゴリズムをどんどん変更していくのです。つまり、当たり前ですがSEOとは”Googleありき”なのです。Googleが日々行うアップデートにしたがってSEOの対策方法も変わります。

 

私がSEOにかんして思うのは、ただGoogleが行うアップデートにいちいち右往左往してテクニックを変えていくことではなく、Googleが何を考えているか、この先の世の中がどうなっていくのかを先取りすることが広い目で見て最も重要なのではないか?と感じます。

 

もちろん、いくつかのテクニックを使って、そのコンテンツを必要としている人に効果的にコンテンツを届けようとする歩み寄りは重要です。でも、SEOがGoogleありきなら、Googleはユーザーありきだということも忘れてはいけないでしょう。なぜならGoogleのミッションは「世界中の情報を体系化し、世界中からアクセスを可能に、そして便利にすること」であり、Googleのアップデートは検索をするユーザーのために行われているからです。

 

そして、そのユーザーとは広義の意味で「人類」にほかなりません。

 

そして、そのまた我々人類が基づいているのは「価値観」です。私たちの日々のあらゆる行いは価値観によって決定されています。

 

人間の価値観こそSEOや検索の未来を考える上で非常に重要になってくるのではないかと私は考えます。

 

 

Googleが問う「モラル」の線引き

 

そんなことを黙々と考えていたら、まさに私が考えていたことについて話しているTEDトークを見つけました。このトークではスウェーデンのジャーナリスト、アンドレアス・エクストローム氏がどんなアルゴリズムでもその後ろには 必ず人間がおり、公正できれいな検索結果というものはありえない、なぜなら私たちは人間でそれぞれの価値観を持っているから。というメッセージを発信しています。

 

彼が例に出したのは2009年に起きたミシェル・オバマへ向けられた画像検索結果を利用した人種差別と2011年にアンネシュ アンネシュ・ベーリン・ブレイヴィークというテロリストに向けられた画像検索結果を利用した”デモ”です。

sponsored link

 

ミシェル・オバマを侮辱する目的で、不特定多数のユーザーが彼女の名前を検索するとサルのように歪めた顔写真が表示されるように検索結果が操作する事件が起きたとき、Googleは黙っていませんでした。「これは人種差別的で悪い検索結果だから自らの手で きれいにしないといけない。プログラムを書いて修正するんだ」ということで検索結果からサル顔写真は手動で排除されました。

 

しかし、2年後に同じようなことが今度はテロリストに対して行われました。スウェーデンで一般市民の虐殺を行ったブレイヴィークの画像を検索すると犬の糞の写真が表示されるように検索結果が操作されたのです。彼の評判を落とし、悪いイメージをつけるためのネット上のデモです。しかし、これにかんしてGoogleは介入しませんでした。

 

さて、真の中立とは一体なんなのでしょうか?

 

Googleも一企業。中立はありえない

Googleの行動規範が公開されているGoogle Code of Conductによれば、Googleは”Don’t be evil(邪悪になるな)”であり、”Do the right thing(正しいことをしよう)”と書かれています。

 

しかし、忘れてはいけないのはGoogleは株式を持つ一企業であるということ。ビジネスが弱肉強食のシステムにあるなか本当に”evil”の面を持たずにやっていけるのか、Googleのいう”善悪”がどれほど汎用性のある概念なのかは疑問が残ります。「Googleが提唱する善悪とは1人の男(Sergey Brin)によって決められており、それがほかの人にとっても同じとは限らない」という意見を書いているブログがありましたが私もその考え方に同意です。

 

The second point is that one of Google’s cofounders, Sergey Brin, carries the responsibility of watching the company’s ethics. Meanwhile the CEO, Eric Schmidt, watches the company’s finances and the other cofounder, Larry Page, works with the development team. So “evil,” as Google would have it, is really defined by one man. Whatever Brin deems as immoral is immoral, but he may have a very different view of ethics than you or me.(Evil Google? Can the Search Engine Be Moral?|seo chat)

 

人類と技術の結束を強くすることが大事?

このトークの最後に、アンドレアス・エクストローム氏は自らの偏見をしっかり認識し、人間であることを自覚し、責任を持たなければいけません。〜 人類と技術のつながり、この結束を今以上に強くするのです。と言っています。人間として、人間のモラルについては人間自身が問い続けていかねければならない、その上で人類と技術の結束を強くするのだ、技術と仲良くやっていこうではないかということです。

 

私は個人的に人間が人間のモラルを問い続けていくこと、要するに哲学していくことが重要だということについては同意します。

 

しかし、「人類と技術の結束」– 私はこれを技術と仲良くしていくことと解釈しましたが、その考え方についてはハイデガーを研究していた哲学者木田元氏の「技術が人間の手に負えるものだと考えるべきではない。技術は人間の手を離れてすでに自己運動・展開をしており、技術の倫理は人間とは異質なものだから畏敬しながら警戒すべきものだ」という考え方の方がしっくりきています。

 

 

木田先生はこの本の中で、人間が技術を作ったのではなく、技術が人間を人間たらしめたのだとメッセージを発信しています。技術によって人間は文化的になり、はじめて人間となったのです。つまり、仲良くしよう、うまくやろうなんて思うのは人間の傲慢だということです。

 

SEOからだいぶ話がぶっ飛んでしまいましたが、私はそのように、SEO含む技術に対して適度に俯瞰的になりつつ自分自身の倫理感を常に問い続けていこうと思ったのでした。みなさんはどう考えますか?

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*