ビットコインでビールが買える!ドイツ・ベルリンのバー「Room 77」に行ってみた

room 77

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

ドイツといえばビール。みなさん、ビールはお好きですか?

私はイギリス留学時代にビールを飲みすぎて5kg太ったことがあるくらい酒が好きです。そんな私がドイツに住んでいるのはとても危険なのでなるべく飲まないようにしている次第ですw

とまぁ、ビールで有名なドイツですが、実はドイツはビットコインが使えるお店がヨーロッパの中ではそこそこ普及している国でもあります。

ビットコインが使える世界中の店舗をマップ上で確認できる「coinmap.io」というサイトを見てみると、ヨーロッパではドイツ全体に赤い点が散見していることがわかります。

オランダ、ベルギー、イギリスあたりもすごい。

せっかくドイツに住んでいて、ビットコインも持っている酒好きが考えることは1つ。

「ビットコインでドイツビールが飲みたい!」

というわけで今回はベルリンでビットコインの支払いを受け付けているバーがあると聞きつけ、クロイツベルク地区にあるバー「Room 77」に行ってきました!

脱中央集権化!な匂いがプンプンするリベラルなバー「Room 77」

Room77

地下鉄U bahnhof Schönleinstr.駅から徒歩3分ほどのバーエリアに突如現れる「Room 77」のエントランス。入り口にはデカデカとビットコインのマークが光っています。この良い意味で汚くてラフな感じがベルリンらしく、入る前から期待が高まります。

お店の中はこんな感じで、こなれたビンテージのソファや椅子がこれまたベルリンのラフでリベラルな雰囲気を象徴しているかのよう。よく見ると壁には「DEBT IS OVER(負債は終わりだ!)」と書かれたポスターがかかっています。これはビットコインの価値がビットコイン市場での純粋な需要と供給のみによって決まるため、ビットコインが現在の負債がベースになった経済へのオルタナティブになるということを示すポスターです。

パンク音楽出身にはたまらない….

こちらはあの有名な英国出身のパンクバンド、セックスピストルズの有名なアルバムジャケットをパロディしたポスター。「Never mind the bollocks」は邦題で「勝手にしやがれ!」なので、「勝手にしやがれ!ブロックチェーンここにあり」ってことですね。めちゃめちゃパンクス。

エドワード・スノーデンさんも…

「何も悪いことをしていなくても、あなたは監視され録音されている。」というポスターも。政府という中央集権に対するアンチテーゼがビシビシ伝わってくる、リベラルでイデオロギー強めのバーのようです。個人的にこういう尖ってるセンスは大好きです。

そもそもこのバーのウェブサイトのセンスが尖りすぎてて、冒頭から「資本主義の終わりにあるレストラン」と謳っています。しかも、“ぬるいビール、冷たい女、ファストフードを遅く提供”というキャッチフレーズまであって、本当にビールがぬるくて冷たい女店員がサーブして、食べ物が遅く出てくるのか気になってしまいます!

早速ビールを注文!おいしいバーガーやメキシカンも食べれる

room 77

というわけでそのことを検証すべく早速ビールを注文してみました。

ビールひげがついた

ビールは割とすぐ出てきました。そして、ちゃんと冷たくて普通においしかったです。

バーガー
かなりデカイ!

しかし、注文したバーガーはたしかに出てくるのが遅かったです(笑)

メニューにはメキシカンのファストフードもあったので、バーガーだけでなくメキシカンと一緒にビールを楽しむこともできます。このバーガーに+2ユーロでつけたポテトがホームメイドっぽくておいしかったです。なかなか油っこくて味も濃いのでビールがどんどん進みます。

(これは仕事なのだ)

こうして写真で見ても、やっぱりバーガー大きいですね…!私はバーガーを食べていないのですが、一緒にいた友達はバーガーがめちゃめちゃおいしかったと言っていました。ポテトにはサワークリーム?のようなクリームをつけて食べるのですが、これがなかなかおいしかったです。

Bar

楽しい時間はあっという間にすぎ、外は暗くなって店内の様子がバーらしくなりました。

もうそろそろ肝心のお会計の時間!

ビットコインで会計をする方法

本当にビットコインが使えるのか?ドキドキワクワク….

なにせ私は実店舗でビットコイン支払いをしたことがないので、やり方もまったくわからず右往左往。なので、会計を担当していた女性店員に「どうやって払えばいいのかしら?」と聞いてみました。

すると…

「私もわからない。」

女性店員

え、それだけ?!

これがサイトに書かれていた、「冷たい女」なのか…!?(笑)

試行錯誤すること3分くらい

店員さんがQRコードを出してきたので、おそらくこれを読み込めということなんですが自分のビットコインが入っているウォレットのアプリで支払うのか、URLを読み取ってブラウザを開くタイプなのかわからずやや混乱。

いろいろ試す私
こんなかんじで支払います

しかし普通に考えて自分のウォレットアプリから支払うものだよなーと気づき、アプリを開いてみるとカメラマークが現れました。おそらくみなさんのお使いのウォレットにもQR読み込み機能があるはずです。ちなみにお勘定はまずユーロで出されて、それに相応するビットコイン額を請求される仕組みです。

 

 

ちなみに私が使っているビットコインウォレットはドイツでおそらくもっとも有名なビットコインウォレットの1つである「Bitwala」というサービスです。アプリだけではなく、ATM引き出しもできるビットコインのプリペイドカードも作れるうえにビットコインによる海外送金の手数料がなんと0.5%。これは私が以前紹介した海外送金サービスの「Transferwise」の半分の手数料ということになります。

しかし残念ながらまだ日本からドイツへの送金ができないので、日本からドイツにお金を送る場合はTransferwiseの方が手数料がお得ということになります。

bitwala
無事に支払いが完了!

QRコードを読み取ると無事に請求額のビットコインが表示されて支払い段階に入ることができました!支払いが完了するとレジから音が鳴って、無事に支払いが完了したことがわかります。

さっきまで冷たかった女性店員も「うまくいったわね」とニッコリ。(笑)

私も初めてビットコインをリアル店舗で使ったので、「初ビットコインで買ったものがビールかー」となんだか感慨深くなってしまいました(笑)

room77
支払い成功記念写真。

ビットコインってなんだか実体のないようなものに思えていたけど、こうして実際にお店で使えると一気に通貨としての価値を実感することができますね。

 

ビットコインを保有していて、ベルリンに来る機会のある方はぜひRoom 77に足を運んでみてください!ここでしか体験できない空間をおいしいドイツビールと一緒に楽しめますよ。

Room 77

住所:Graefestraße 77, 10967 Berlin

 

ビール代をビットコインでくださいませんか?(笑)

 

というわけで、もしこの記事を面白い!と思っていただけたらぜひ私wasabiにビットコインで投げ銭していただけると嬉しいです!価格は5USDとしていますが、お好きな値段を設定していただけます。今、ヨーロッパでのブロックチェーンや仮想通貨の状況を追っているので、このブログ上で有益な情報発信をするための資金源にさせていただきます!(という体でビールを買わせていただく可能性大です。)

今後のwasabiの活動を応援!

この投稿が面白いと感じたら、ぜひビットコインを送ってください!今後の仮想通貨やブロックチェーン事情レポートの活動費に使わせていただきます。





と、言いつつこの前はThinkItという媒体にてベルリンで働く開発者のインタビューもさせていただきましたので、ブロックチェーンに興味のある方は是非一読ください!

ちなみにこの上記ビットコイン投げ銭フォームの設置方法はお友達のブロガー「Tatsumaru Times」さんに教えてもらいました。Wordpressのプラグインです。便利なのでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外フリーランスへの第一歩は「英語ツイッター」!

ツイッター翻訳サービス

日本語のツイートを英語翻訳して発信するサービスを提供開始!

情報発信が欠かせないフリーランサー必須のツール「Twitter」で、国内だけではなく海外に向けて効率よく発信する方法を編み出しました!「海外フリーランス養成スクール」から生まれた事業です。