ポテト食べ放題の「ポテト収穫祭」に行ってきた!

どうも、マッシュポテトは白米だと思っているwasabi( wasabi_nomadik)です。

先日Tempelhofer Feld(テンペルホーフ空港)の記事を書いたのですが、SNSでシェアしたところなんとテンペルホーフ空港のTwitterから「日曜日にポテト収穫祭があるからそこでポイ*しない?とお誘いを受けたのでまたもパートナーと一緒に遊びに行ってきました!

*ポイについてはこの記事で紹介しているのでこちらも是非ご覧下さい。

 

テンペルホーフ空港は本当に広大で、サッカーをする人から、ダンスをする人、凧を揚げている人、スケートボードをしている人など実に様々な人がいろいろなことをしています。この「ポテト収穫祭」が行われたのはその中にあるコミュニティ・ガーデン、「Allmende Kontor(アレメンデ・コントーア)」。コミュニティー・ガーデンとは、簡単に言えばみんなが使える共用の庭で、使用したい人は年間の料金を払うと自由に植物や野菜を育てる事ができます。テンペルホーフ空港のはじっこの方に位置するこのガーデンは非営利団体によって運営されており、現在は600人以上もの人が利用しているそうです。

potato_01

テンペルホーフ空港とじゃがいもの関係は何かと深いらしく、第一次世界大戦(1914-18) の時にここで人々の食料確保のためにじゃがいも畑を開いたのだそうです。この収穫祭は非営利団体によって開催されていたので、寄付制で誰でもじゃがいもを好きなだけ食べる事ができました。ちょっとヒッピーな、誰でもウェルカムでギスギスしていない雰囲気がすごく心地よかったです。

potato_03

どんどんと茹で上がるポテトたち・・・とよく見たらポテトが紫色!美しい色に見とれてしまいます。この紫ポテトはこのガーデンで育てている野菜のひとつだそうです。テーブルの上には食べきれない量のポテトがどっさりと置かれていました。このポテトにバターやハーブ塩、スパイスやネギ等を乗っけて食べます。

potato_02

ポテトの他にもKartoffelpuffer(カルトッフェルプッファー)というポテトのパンケーキも振る舞われました。これはジャガイモや人参、にんにくなどをすりつぶした生地を焼いたものです。

potato_04

出来上がりはこんな感じ。油でしっかりフライされて焼き色がきれい。中に入っているネギが良いアクセントになっていてとても美味しかったです。なんだか日本のお好み焼きや、韓国のチジミを思い出しました。この紫ポテトは少し甘くて、みずみずしい食感!みずみずしいポテトなんて初めて食べたかも。パサパサしていないのでどんどん食べれてしまいます。多分、おかわりして5個くらい食べたかもしれない・・・(笑)

potato_05

収穫祭にはバンド演奏などもあったようですが、私たちは広大なテンペルホーフ空港でガーデンを探してウロウロしていたら公演に間に合わず見逃してしまいました。残念!でも、せっかく来たしポイの動画素材も撮りたいということになってポイを回し始めたらゾロゾロと子供達が集まって来ました。興味津々に私たちを見つめていたので「やってみる?」とポイを渡したらもう大喜び!自由きままにポイを振り回しては驚喜していました(笑)なんだか即席のポイ子供教室のような光景に。彼らを見ていると、本当反応が素直だな〜と感心されられます。興味があることにそのまま反応できて、良い意味で何も深い事は考えずとりあえず実際にやってみることができるんですよね。そんな姿を見ていると本当にこちらまで癒されますし、「私ももっともっと素直になっていいな〜!」なんて勝手に勇気づけられました。

 

今週末は本当に自然に囲まれた良い週末でした。また今週から頑張れそうです!

ポテトと言えば、最近ドイツ大使館ブログYOUNG GERMANYでも「ドイツ料理」に関して記事を書いたのでこちらも興味があったら是非読んでみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


月額制オンラインサロンを始めました!

DMMサロン

「海外移住やフリーランスの仕事をするために、まず何からどうやって始めたらいいの?」

こんな疑問を解決すべく、この度DMMオンラインサロンにて3ヶ月集中型のスクールを開講しました!