世界初!デジタルノマドを追ったドキュメンタリー『One Way Ticket』を会社員こそ先取りチェックしておくべき理由

LINEで送る
Pocket

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

 

先日出した以下のデジタルノマドにかんする投稿がハフィントンポストに転載され、おかげさまでいろいろな反応をいただきました。

 

 

 

 

 

特にブロガー両角さん(tppay )の意見は少し考えさせられました。たしかに、「フリーランスでデジタルノマド」をできる人たちはごく少数の限られた優秀な人間だけに留まり続けるのかもしれません。誰もが起業家やフリーランサーに向いているわけではありません。

 

ただ、「会社に雇われながらリモートワーク」だったらどうでしょう? つまり、会社員でありながらデジタルノマドになるという働き方です。

 

私は自身がフリーランスのデジタルノマドでありながら、社会のシステムを大きく変えることになる働き方はむしろ「雇われリモートワーカー」が主流になるのではないかという気がしています。

 

今日は、そんな働き方の未来を率先する「デジタルノマド」達を追った世界初のドキュメンタリー映画『One Way Ticket』を紹介したいと思います。

 

 

会社員こそノマドのドキュメンタリー『One Way Ticket』をチェックすべき理由!

ドキュメンタリーのタイトルとなっている”One Way Ticket”–日本語で「片道切符」を意味するこの言葉は、場所を転々としながら働くデジタルノマドならではの飛行機チケットの買い方です。このタイトルが意味するのは、自分の国から出発したとして、自分の国にそのまま帰ってくるわけではない、帰ってくる必要もないという今までの旅や移住の概念を覆す新しい社会的な現象です。

 

ウェブサイトにも転載されていますが、最近Gallupが出した統計によればアメリカでは39%の会社が社員のリモートワークを許可しているのだそう。そして、その数は2020年までには40%以上になるとも言われています。

 

『One way Ticket』はデジタルノマドという一連の社会現象を記録した世界初のドキュメンタリー映画です。韓国人のディレクターYoujin Doさん(youjindo)が率いるプロジェクトで、現在クラウドファンディングによって進行中。映画の完成は2016年中とされており、完成後は各種フィルムフェスティバルに応募する流れですが、まず最初にオンラインで無料公開されるので誰でも観ることができます。

sponsored link

 

取材対象はリモートワークを取り入れている会社中心。
取材対象はリモートワークを取り入れている会社中心。

 

私は海外で新卒フリーランサーになった身として発信していると、度々コメントやメッセージで「こういう生活は誰もができるわけじゃない」とか「この人はたまたま運が良かった」などという反応をもらうことがよくあります。スケールは違いますが、同じことが実は海外の”デジタルノマド”シーンでも起こっていて、全体的に「上司が理解ある人でラッキーだったらできる働き方」やまだまだ限られた人にのみ許された働き方であるというイメージがついています。

 

この映画プロジェクトはまさにそうしたイメージを払拭するために、デジタルノマド(リモートワーク)が持つ可能性とその未来を正確に映し出したいという思いで始まったのです。

 

そのため、この映画ではなるべくリモートワークを取り入れている会社やそこで働く人々を中心に取材しているのだそう。有名なところで言えばWordpress、Buffer、NomadListなどがリモートワークを推奨している会社として紹介されています。

 

デジタルノマド、フリーランサー、起業家・・・なんて言葉を聞くと「自分には無理だ」と思う人が多いかもしれませんが、この映画で言いたいことは「これからは会社員もデジタルノマドになっていく」という未来とリモートワークが具体的に社会問題を解決できる可能性(例:ワークライフバランスの向上、長時間通勤の解消など)なのです。

 

この現象はフリーランサーや起業家のものだけではありません。これから人類全体に関係してくる社会現象なのです。いつか、「昔は皆同じ場所に集まって決まった時間で仕事していたらしいよ」なんて昔話のように語られる時代がすぐそこまで来ていると言っても過言ではありません。

 

監督のYoujinさんと会ってきました!

そしてこの度、『One Way Ticket』の監督であるYoujinさんと、ベルリンで会うことができました!

 

 

なぜそういう流れになったのかと言うと、最近私が始めた英語ブログの以下の記事でYoujinさんと彼女のプロジェクトを紹介したことがきっかけでした。

 

 

ブログで紹介させてもらったことをTwitterで伝えたところ、Youjinさんから連絡をくれ今回ベルリンまで会いに来てくれたんです!まだ始めて間もない英語発信がすでにこんな素敵な繋がりを生み始めていてとても嬉しいです。世界はどんどん繋がっていく!

 

数えきれないほどのデジタルノマドたちを取材してきた彼女と、2日間おいしいものを食べながら今のノマドシーンやお互いの個人的な話までかなり率直で腹を割った深い話をすることができました。実は私もこのプロジェクトで少しお手伝いをすることになったので、映画が公開されたらまた詳細をお知らせします!

 

彼女のプロジェクトを応援してリモートワークが作る未来を先取りしよう!

onewayticket_02

Youjinさんは普段ジャーナリストとして活動しているのですが、彼女はコードの経験がないにもかかわらずこのプロジェクトのためにクラウドファンディングのプラットフォームを自分で作ったのだそう。本当にそのパワーがすごすぎです。

 

そこからこの映画製作に必要な資金をクラウドファンディングで集めています。

 

日本でも少しずつ始まっているリモートワークの流れ。この社会現象をいち早く先取りして正しい方向でプロモーションしていくことこそ働き方の未来を大きく変えるのではないでしょうか?

 

ぜひ、彼女の活動を応援するために寄付をしてもらえたら嬉しいです。

 

寄付はこちらから!

▶︎ http://digitalnomaddocumentary.com

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

2 Comments

  1. この素晴らしい考え方が、日本の社会に浸透すると、シングルマザーや子育て支援問題、介護問題をはじめとする、日本の社会問題がたくさん解決されることと思います。
    シェアさせていただきます。
    よろしくお願いいたします。
    たくさんの笑顔とハッピーをありがとうございます♪絵美φ(..)

    • ありがとうございます!
      私も「ノマド」で解決できることはいろいろあると思っていて、かっこいいなどというファッション以上の価値を見出しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*