【ドイツ】ワーホリビザ期限ギリギリの一時帰国&片道航空券での再入国は大丈夫?

飛行機

どうも、1か月後に帰国を控えたwasabi( wasabi_nomadik)です。

 

今日はちょっぴりマイナーな話を。

でもこれ、意外と同じ事をする人って多い気がするのでシェアします。

 

ご存知の方も多いと思いますが、ドイツ・ワーホリビザは1年という期限が決まっています。

 

私は去年4月にワーホリを取得したので、あと3か月後の4月にワーホリビザの有効期限が切れることになります。

 

私が日本に帰ってからドイツへ戻ってくるのは3月を予定しているのですが、いくつか心配事がありました。

それは大きく分けて2つ。

 

1.果たしてビザの残り期限が1か月ほどになってもドイツへ再入国できるのか?

 

2.日本からドイツへ片道航空券で再入国できるのか?

 

飛行機

そもそもなぜ私がこんなことを心配したかというと、ワーホリでドイツへ来る前に成田空港カウンターで「ドイツから日本への帰りのチケットが6か月以上先ですが、ヨーロッパへは3か月しか滞在できないはずです。何かビザをお持ちですか?」と言われたことが気になっているからです。

 

もちろん正式にワーホリのビザを持っていたし、帰りのチケットは日付の変更が可能なオープンチケットだったのでその事を説明して全く問題なく飛べたのですが、今回日本からまたドイツへ行く時はこれと同じ状況ではありません。

 

3月中旬にフリーランサービザの申請を予定しているため、万一入国できない事態は避けたい。そこで、航空会社と大使館に問い合わせの電話をしてみました。

 

果たしてビザの残り期限が1か月ほどになってもドイツへ再入国できるのか?

結論から言えば、これは全く問題ありません。大使館の方によると、「ワーホリの期限内であれば何回日本へ帰国しても何回ドイツへ再入国しても問題ない」とのこと。

 

入国の際に「ビザの残りが少ないけれどこれからどうするつもりなの?」と聞かれる可能性があるかもしれませんが、そこは普通に今後のプランを話すなり入国の理由を述べて対応すれば、問題なく入国できるようです。

 

もちろん、ビザが1日でも切れてしまったら話は違ってくるのでワーホリ中に日本へ帰国し、そのままドイツでフリーランスビザなり長期滞在を考えている人は、ワーホリ期限内に帰って来ることをおすすめします。

 

 

日本からドイツへ片道航空券で再入国できるのか?

これに関しては各航空会社で対応が違うようです。私の友人は、同じような状況で日本へ帰国してドイツへ戻ってくる際何も聞かれなかったと言っていました。ただ、私が使おうと思っている「アエロフロート・ロシア航空」に問い合わせたところ、「通常ヨーロッパへ片道航空券で入国する顧客には、日本へ帰国できることを証明する書類を求めている」との返答が返ってきました。

 

その書類が何なのか分からなかったので2回電話したのですが、「会社としては、顧客の資金証明ができれば問題ないけれど、こういうことは大使館に問い合わせて欲しい」という回答の一点張りでした。

 

結局正確にはどんな書類が必要かは分かりませんでしたが、おそらく通帳のコピーとか、銀行の残高が分かるものを持って行けば無難だと思います。要するに、帰りのチケットが買えるだけのお金があることを示せれば問題なさそうです。

 

一応、滞在期限の少ないビザを持ちながら日本→ドイツへ片道航空券で戻る予定の方は銀行の残高をコピーしてパスポートと一緒に持っておくのが安全かと思います。

 

 

片道航空券って意外と面倒くさい落とし穴があったりするんですよね〜。

ワーホリのビザに関しても何かと心配になってしまうことって多いと思うのでシェアしてみました。

期限ギリギリの再入国が不安な方は、必ず日本帰国前にドイツでビザの申請予約をしておいた方が良いと思います。そうすると、何か聞かれても「これから●月●日にビザを申請する予定」と正当な理由が言えるので。

 

ビザ申請上手くいくといいな。Wish me luck!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外でフリーランス。きっかけを掴んでみませんか?

wsbiオンラインサロンTOP

【募集再開!】本気で海外移住・フリーランスを目指す人のための超実践的コミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが11月4日より新規生徒募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで必要な情報をwasabiがありったけシェアします。実践を大事にするサロンで海外へのきっかけを作ってみませんか?