フリーランスの仕事は「バイトの掛け持ち」みたいなもの?

どうも、フリーランサーとしての仕事が転換期に入っているwasabi( wasabi_nomadik)です。

 

去年大学を卒業して、新卒でフリーランスの翻訳・ライターとして働き始めてドイツにやってきた私。この働き方を始めて、なんだかんだで1年が経ちました。

 

以前ブログでお仕事募集の記事を書いたところ、ありがたいことに各方面から反応をいただくことができ、だんだんと私の仕事の内容や単価も変わってきています。

 

以前、ブログ読者さんとお話したときもそうだったのですが、「フリーになりたいけれどどうすれば良いか分からない」という相談を受けることがあります。

 

私はその方法を過去記事でも色々具体的にキャリアの作り方なども含め紹介しているつもりなのですが、もしかしたら「フリーランスで働くとはどういうことなのか?」という想像がそもそもつかないのかもしれないと思いました。

 

確かに、私もフリーになる前は「どうやって仕事をもらうのか?」、「大きい案件が定期的に入って来るから稼げているのか?」、「どうやって営業しているのか?」「1日の生活はどんな感じで過ごしているのか?」などなど分からないことだらけでした。

 

module_01

 

で、今思うのは、フリーだからといって何も一つの仕事に決めなくてもいいのでは?ということです。

 

例えば私で言うと、「フリーランスの翻訳家・ライター」という看板を掲げていますが、実際はこうしてブログを毎日更新してたり、今はとあるバンドの英語関連のマネージャーみたいなこともしてますし、最近はジャーナリズム系のアプリでリサーチャーみたいなこともしています。

 

好きなことを縦横無尽に好きなだけやっているだけ、というとてもシンプルな働き方です。

 

これって本当に難しく考える必要はなくて、言ってみれば「アルバイトの掛け持ち」みたいなものだと思えば想像がつきやすいかもしれません。

 

アルバイトと違うのは、アルバイトは時間給で支払われるのに対して、フリーは成果報酬型が多いということでしょうか。

 

でも、フリーランサーでも時間給で支払われることだってあります。事実私の仕事には時給の仕事もありますし、ドイツだとアルバイトと同じ内容の業務でも、名前は「フリーランサー契約」とする場合もあります。

 

 

最近Kindle本のセールでこの本が安く売られていたので買ってみました。かなり丁寧な解説とともに、「モジュール型ワーキング」という複数の異なるタイプの職業を組み合わせて働くという働き方を提唱している本です。

 

ただ、ここで紹介されてる働き方って、結局全部フリーランスってことなんじゃないか?と思いました。私が自らをフリーランサーと呼んでいる働き方の内情がこの本とすごく似ていたからです。

 

でも、同時にこの本を読んでいて思ったのは、フリーランスという働き方の想像が全くつかない人にとっては実例を持っていろいろな働き方をしている人の話を知る事ができるし、何より、そうした複数の異なるタイプの仕事を組み合わせて働く働き方を4つのタイプに分類して丁寧に解説しているので、「自分はこのタイプに近いかな?」と照らし合わせながら具体的に考える事ができるのではないかと思いました。

 

私は「習うより慣れろ」でここまで来たので、読んでいると小難しいというか歯がゆくなってきたのですが、まずは取扱説明書をじっくり読んで安心してから物事を進めたい、というタイプの人には是非おすすめの一冊です。

 

でも、やっぱりフリーランスって働き方の考え方自体はかなりシンプルだと思うんです。

その根底は、「稼げれば何でもいい」という事ではないか?と思います。

 

フリーの写真家だからって、写真だけ撮らなきゃいけないわけじゃないし、フリーのライターだからって文章のみで生計を立てないといけないわけでもないと思います。だから、もちろん何か一本でやると決めるのもいいし、好きなものが複数あれば組み合わせて働いたって良いわけです。

 

そもそもシステムから外れてフリーになってまで、「フリーとはこうあるべき」とか言い出したら本末転倒だと思うんです。

 

フリーランスは道なき道を行く働き方で、この本のように働き方を分類して考えると、なんとなくそれっぽく響いて安心しますが「名前に安心」する事自体をやめないと結局、”社畜”マインドのままでは?とも思います。

 

なので、この本を読みながらこういう人もいるんだな〜と思いつつ、最終的には「色んな人がいるし、自分もやりたいようにやればいいんだな」と思ってもらえたら最高です。私が書いた本ではありませんが、この本はそういう使い方をしてもらえたら良書だと感じました!

 

フリーの働き方に興味のある人は一読してみてはいかがでしょうか?

“フリーランスの仕事は「バイトの掛け持ち」みたいなもの?” への 1 件のフィードバック

  1. wasabi様
    はじめまして。
    初めてコメントさせて頂きます。
    フリーランスで働くことへの考え方に共感しました。
    好きなことを縦横無尽にやるというのがとてもしっくりきます。
    私はドイツではなくイギリスですが、記事参考にさせて頂いています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外でフリーランス。きっかけを掴んでみませんか?

wsbiオンラインサロンTOP

【募集再開!】本気で海外移住・フリーランスを目指す人のための超実践的コミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが11月4日より新規生徒募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで必要な情報をwasabiがありったけシェアします。実践を大事にするサロンで海外へのきっかけを作ってみませんか?