ベストな「瞑想」を見つけるための迷走の旅〜色んな瞑想を試してみた比較

瞑想
LINEで送る
Pocket

どうも、瞑想に興味のあるwasabi( wasabi_nomadik)です。

今、瞑想っていろんな方面で注目されていますよね。スティーブジョブスが瞑想していたことに影響されて、仕事のパフォーマンスを上げるために瞑想をするビジネスマンとか、自分の心と対峙するために、もしくはスピリチュアルなことに興味があって始める人など理由は人それぞれ。

 

そして、瞑想と一言で言っても方法もそれぞれ。色々な形で実践できます。

 

かくいう私も1年以上、自分に合う瞑想方法を探していて日本や海外含め色々な場所でワークショップや瞑想体験などに出向いてきました。

瞑想
Photo credit: Moyan_Brenn via VisualHunt / CC BY

 

私が瞑想に興味を持ったのは、そのアイデア。「人は何のために生きるのか」というすごく根本的な問いに対して、瞑想は「生きるために生きる」というアイデアを提示しているような気がしたからです。

 

どういうことかというと、人間が生命を維持するために行うことと言えば、食べる、寝る、排泄の3つがすぐに思い浮かぶと思うのですがそれを一番下で支えているのは紛れもなく、「息をする」ことだと思います。

 

そして瞑想の多くは、「呼吸に集中」することが大切と言われています。

 

「呼吸に集中する」という行為は「生きていることそのものを認識する」行いなのではないか?と思ったのが瞑想に興味を持ったきっかけです。

 

今日はそんな私が今まで体験した瞑想、そしてベストな方法を見つけるまでの迷走っぷりをそれぞれ素人なりのコメントを入れて紹介したいと思います。とは言え、広く浅くかじっただけなので、解釈で間違っている部分があるかもしれませんが私感で感じたことを素直に書いてみました。

 

「瞑想に興味があるけど、自分にはどれがいいのか分からない」という方の参考になれば幸いです。

 

座禅@林泉寺、東京

東京のお寺、林泉寺で行っている座禅会に参加したことがあります。ここでは任意の寄付制で1回500円払い、住職から直接座禅の指導を受ける事ができます。新聞などでも紹介されていたようで、私が参加した際には新聞を見て参加した方や、外国人の参加者も見られました。座禅を組む前に、お寺の住職が初心者に向けても分かりやすい座禅の説明をしてくれます。この話がけっこう面白い。座禅で気をつけると良いポイントや座禅の目的などを、世間話を入れつつ話してくれます。この話を聞くだけでも行く価値はあると思いました。いろんな気づきを与えてくれる事と思います。

 

座禅では「形」をすごく重要視するそうです。なので、座り方や手の組み方、座禅を始めるタイミングなどがけっこう細かく決められています。私はいかんせん形を守るのが大の苦手で、途中からけっこう苦痛になってしまいました。正座するだけでも足が痺れてきます。こういうものは慣れが必要なのは言うまでもありませんが、私はもう少し自由度が欲しいと思いました。

 

一緒にいたフランス人の女性が「色んな瞑想を試して来たけれど日本の瞑想(座禅)はキチッとしているのが興味深い。身を引き締めるのにすごく良いと思う。でも、叩かれるのはちょっと嫌ね。(笑)」と言っていたのが印象的でした。生活にメリハリの欲しい人や、ちょっと立ち止まって精神力を高めたい人にはおすすめできるかもしれません。

 

▶︎林泉寺ウェブサイト

http://rinsenji.net/zazen/

初回の座禅は毎月第四土曜日19:00~21:00に行われているようです。(要電話予約)

 

チベット仏教・ダイアモンドウェイ

これは東京で参加しました。私が参加した日はたまたまダイアモンドウェイの偉い人が来ていて、瞑想よりかは「講演会」と呼んだ方が良いくらい説法が長かったので、あまり瞑想の体験をできませんでした。なので、この方法が自分にとって良かったかどうかはよく分からず終い。もう1回行こうかな?とも思いましたが、仏教における瞑想は「師」と「弟」という関係がけっこうはっきりしているような気がして、私は瞑想したいだけなのに「師」を敬わないといけないその上下関係みたいなのが面倒くさそうに思えたので行かなくなってしまいました。でも、ここは英語でレクチャーを受けられるし外国人も多いので同じような興味を持つ人と知り合う場として良いと思います。実際私もここで出会ったドイツ人と未だに友人として繋がっています。

▶︎ダイアモンドウェイMeetupページ

http://www.meetup.com/Tibetan-Buddhist-Meditation-In-Tokyo-Japan/

 

カダンパ瞑想

これも東京で参加しました。特別この宗派の瞑想に興味があったわけではなく、Meetupで「カルマを理解する会(意訳)」というタイトルのイベントを発見し、マクロビランチ付きの瞑想会が行われていたので面白そうだな〜と思い、参加してみたのがきっかけです。過去に行った事が全て未来に影響する「カルマ」というものに関して、私はネガティブなイメージしか持っていませんでしたが講演会で話を聞いて、カルマが元々もつポジティブな意味を知る事ができました。カルマというものを考える時、どうしても人は過去に目を向けがちです。でも、カルマとは過去に怯えるものではなく、元々は将来を善く生きるために今を精一杯善く生きるという教えなのだという話が聞けたのは個人的に収穫でした。

sponsored link

 

カダンパ瞑想
ベジタリアンフードと瞑想の会ミートアップページより引用

 

瞑想に関しては、瞑想中に言葉でガイドされることが多かったので集中することが難しかったです。初心者向けにそうしたのかもしれませんが、考える事をストップしないといけない瞑想中に言葉をかけられると自動的に頭が動いてしまうので難しいと感じました。ガイドの声にいちいち、「え、そうかなぁ?」と疑問を投げかけてしまっている自分がいましたが、これも個人の好みで分かれると思います。ガイドしてもらった方が分かりやすい人も一定数いることでしょう。

▶︎ベジタリアンフードと瞑想の会Meetupページ

http://www.meetup.com/Vegetarian-Food-Meditation-Meetup/

 

シャーマニズム瞑想

これはベルリンで参加したのですが、なかなか面白かった。今まで受けた瞑想は「考える事をストップ」しましょうという点で共通していましたが、このシャーマニズムの瞑想は「自分から湧き出るものを全部そのままにしましょう」という教えでした。なので、瞑想中はノートとペンを横に置いておき、思い浮かんだことをメモしておいてもOK。シャーマンについて研究している人が主催となって瞑想会が行われていて、シャーマニズムで重要なドラムの音を使って内に秘めたビジョンを地球の鼓動と連動するように振動させます。やり方としてはそれぞれの方角に石を置いて、それを囲むように輪を作り、寝そべってリラックスするだけです。シャーマン的な儀式も色々あって、ふつうに文化人類学を学んでいるようで興味深かったです。アメリカ人の男性が教えてくれました。

 

瞑想としては、ドラムの音が心地よくてちょっとした「トランス状態」になったような気がします。これはなかなか面白い経験でした。

 

▶︎シャーマニズム瞑想のMeetupページ

http://www.meetup.com/Berlin-Shamanism/events/227216447/

 

ハートフルネス

これは友達に教えてもらった瞑想のやり方で、最近通い始めました。ベルリンだけでなく、欧米を中心に色んな場所にセンターがあります。結論から言うと、この方法が今のところ私に一番合っているような気がしています。私がこの瞑想を好きな理由は、その自由度の高さです。まず、座り方は何でも良くて、座椅子などを使って一番心地よい方法で完全にリラックスできるように座ります。ブランケットをかけて体を暖かくし、心地よくするのが重要だそうです。あとは、「考えるのをやめて自分の中にある「光」を見つめましょう」と、これだけです。最初は、「え?光?どういうこと?」とその教え方のザックリさに戸惑いましたが、ザックリしている分、自分でいろいろ集中する方法を編み出してトライ&エラーを繰り返すことができるので次第にやっていくうちに、なぜ最初から色々教えてくれなかったのかが分かるようになりました。

 

私の場合、どうしても自分の中に光があるとは思えないのでw、担当の人が教えてくれた「体の境界線を感じずに外へ解放していく感じ」を心がけてみたら、まだ雑念は入ってきますが上手く集中できるようになってきました。

 

▶︎ハートフルネス瞑想のウェブページ

http://en.heartfulness.org/

Köpenicker Straßeにあるセンター。建物は、壁崩壊前は工場だったという面白い背景を持つ。
Köpenicker Straßeにあるセンター。建物は、壁崩壊前は工場だったという面白い背景を持つ。

 

それにしても、「考えるな、感じろ」ってすごく難しいです。

日常生活の中で、言葉を使わずに純粋に「感じる」瞬間ってどのくらいあるのだろう。でも、フィーリングって確かに一番大切なもののはず。言葉はそれを補完するものでしかない。

何はともあれようやく自分にしっくりきた方法に出会えたと思うので、これから毎朝瞑想を続けてみる事にします。

 

色々試してみて思うのは、あまりやり方にこだわらず自分で集中できる方法を見つけていくのが結局のところベストな瞑想なのかもしれないということ。上記で紹介したところは私が知る限り、連絡先を聞いてきたり頻繁に会に誘って来たりというしつこい勧誘とかは全くないので、瞑想自体に興味があれば覗いてみてはいかがでしょうか?

 

あとはやっぱり、考えない事をトレーニングする瞑想でも、事前に瞑想とは何なのか、どうしてこれをする必要があるのかを知識として知って考えておく事は大切なように思います。

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*