「移住自体がスキルになる」− ヨーロッパに移住したら経験ゼロでも翻訳者になれた理由

加藤さん

 

日本に英語ができる人はたくさんいるけど、ヨーロッパ時間で働ける人は少ない

 

筆者:加藤さんは現在翻訳者としてフリーランス活動をしているそうですが、日本で働いていたときから副業やフリーの仕事を受けていたんですか?

 

加藤さん:いや、僕は全く経験ありません。英語は日本にいるときから勉強していましたが、仕事は正直ぶっつけ本番です。(笑)

 

筆者:ええー!そうなんですね。翻訳はどんなことをやっているんですか?クライアントは日本の会社なんですか?

 

加藤さん:いえ、クライアントは全て海外です。今はアプリの翻訳などをやっていて、ロンドンの会社とカナダの会社でそれぞれ契約を結んでほとんど会社員みたいなスケジュールでリモートワークしているんです。正直クオリティが全然追いついていないですよ。(笑)

 

筆者:すごいですね!でも、どうやったら経験がないのに翻訳の仕事を受注できるんでしょうか?

 

珈琲
取材を行ったカフェ、「silo coffee」

 

加藤さん:結局、日本には英語ができる人ってたくさんいるんです。でも、ヨーロッパの時間に稼働できて、英語と日本語ができる人っていうのは案外いない。だから、僕しかいなかったから頼まれたという感じです。僕は日本の会社が募集しているちゃんとした翻訳会社の仕事には落ちたりしました。なぜかというと日本人がクオリティを見ているからですね。でも、例えば中国のレストランが日本人向けのメニューを作るから翻訳して欲しいとか、ボイスオーバーが欲しいとかそういう仕事もあります。そうなればある程度クオリティが低くても仕事を得るチャンスはあります。そういう仕事はUpworkというクラウドソーシングサイトで探したりしています。本当、こんなかんじなんで綱渡り状態なんですけどね!

 

 

筆者:なるほど〜。本当に面白い!世界は今均一化してきているし、どこで働いても一緒になってきているけれど寝る時間と起きる時間は一緒じゃないですからね。移住することで「ヨーロッパのタイムゾーンで働ける」というある種のスキルになるんだなって思いました。

 

 

加藤さん:そうですね、最初は仕事が来たのはまぐれかと思ったんですが、1回だけじゃなく2回、3回とオファーが来て今こうして仕事が回っているのでヨーロッパ時間で働けるかどうかというのはすごく大きい要素だと思います。色んな国の人とチームで仕事しているんですが、文化の違いなどで勘違いされたりすれ違いが起きたりしながらも海外の「フラットな働き方」を経験できたのはすごく良かったと思います。

 

筆者:と、具体的に言いますと?

 

加藤さん:例えば僕は今あるアプリを世界展開すべく、日本進出の手伝いをしているんですがそのアプリを日本のテック系ブロガーやライターに広めてもらいたいと思ったらコンタクトが必要です。海外のライター/ブロガーと日本のライターの大きな違いはここで、海外ならどの媒体でも記事下に必ずライターの連絡先が書いてあるんですが、日本の場合記事にライターの署名が入っていないことも多くて。

 

そこでつまずいていたら、チームメイトに僕がサボってると思われてプレッシャーをかけられたこともありました。僕はこのアプリを広めるために情熱を注いでいるとか、日本のメディア事情などを一生懸命説明してなんとか分かってもらえましたが、こういう文化の違いですれ違いが起きたりすることもけっこうあります。

 

それでも英語で仕事をするというのは楽しくて、やっぱり英語という言語がフラットなのでチームメイトとは友達みたいな感じで仕事しています。

 

次ページ:30代で、会社を辞めてフリーランス経験ゼロでも挑戦できたきっかけ 

“「移住自体がスキルになる」− ヨーロッパに移住したら経験ゼロでも翻訳者になれた理由” への 2 件のフィードバック

  1. 相手の立場を想像する。シンプルで当たり前のことなのに見落としがちですよね。こちら側の企業はこちら側の視点での基準がある。勉強になる記事でした。今ある日本での生活を捨てて、海外を生活拠点とするのはやった人にしかわからない感覚なんだろうなー。

  2. Guten Tag!
    はじめまして!現在、ドイツへの移住を目標としており、勉強の日々を送っています。私にとって興味深く、とても勇気づけられる内容でした。
    その行動力を見習って頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外でフリーランス。きっかけを掴んでみませんか?

wsbiオンラインサロンTOP

【募集再開!】本気で海外移住・フリーランスを目指す人のための超実践的コミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが11月4日より新規生徒募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで必要な情報をwasabiがありったけシェアします。実践を大事にするサロンで海外へのきっかけを作ってみませんか?