新卒フリーランスでドイツへ移住2年が経過。今、正直に感じていること。

wasabi me

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

もうすぐ春ですね。春ということで新生活を迎える人が多いと思いますし、私も春からまたいろんな動きがありそうです。

(毎月なにかしら動きがあるけど…w)

 

気づけば来月で私はドイツに来て2年が経ちます。

ドイツでの毎日が濃すぎて、正直まだ2年かよ!って感じです。

 

新卒チケットを使って会社勤めをするという選択肢を思い切って捨てて、就活しないでフリーランスになってコネなし金なしでドイツへ渡るという、今思えば無謀なことをしましたが、全然フツーに生きてます(笑)

 

もちろん、大変なこともありましたし、今も大変なことはいろいろあります。

フリーランスは収入に波があるのでその辺の精神コントロールだったり、成長し続けないとフリーランスとして死ぬので自分を高めるモチベーションを保ち続けたり、慣れないドイツ語でドイツ人とケンカしたりw、もちろんビザや税金、保険などぜ〜んぶ自分でやらないといけなかったり…

 

たとえば私は今月、長期の出張があるにもかかわらずビザの更新、確定申告、引っ越しなどが重なって、ブログ書いている場合じゃないんですが。(笑)

 

でも、どうしても言いたかったんです。

ドイツへ来て、新卒でフリーになって良かった!

 

いろいろ、賛否両論はあると思います。新卒でフリーはリスクが高いとか、海外移住がすべての答えじゃないとか。

 

でも、自分が「これ本当にできるのかな?できたら最高だな」って思ってることを素直にやってみたことに関してまったく後悔はないです。むしろ、今となってはこれ以外の道を歩んでいる自分が想像できないほど。

 

「それって、wasabiはうまくいってるから言えるんじゃない?」って思う人もいるかもしれないですが、うまくいっていなかったとしても後悔はないですね。

 

なぜならうまくいかなかったら、その経験を次にうまくいかせるための材料にできるから。

と、いうよりかドイツにかんしては移住することのハードルが他の国に比べていろいろ低いので、実際はそこまで大変なことではないと思っていますけどね。ワーホリに来るだけとかなら、なおさら。

 

ドイツが肌に合うか合わないかは来てみないとわからないことですが、合わなければ別に日本に帰ったって良いし。

 

というか、そもそもリスクを取らない人生ってなんのためなんだ??って思ってしまう。

今の人生が、リスクを取らずにどうしても守りたいだけの、絶対壊したくないほど完璧で素晴らしい人生なのか?

 

もしそういう100%満足な人生を送っている人がいるならそれはそれで羨ましいかもしれない。

でも自分は0.1%でも満足がいかなければどんどん次へ行く体質になってしまった。

まぁ、じゃなきゃこんなにいろいろ新しいことやったり移動したり引っ越したりしませんよね(笑)

 

でも、このかなりエキサイティングな生活はフリーランスだからこそできることなんですよね。

波は激しいけれど、本当に誇張なしで毎朝がワクワクで「生きてる」っていう感覚がこの25年間の人生のなかで1番強い。

 

朝は毎日勝手にやってくるものだと思っていたけれど、今日も生きているのは私を必要としてくれる誰かに生かしてもらっている…という感覚。

お仕事をもらえる、誰かになにかを質問してもらえる…つまりは働けている、生きているってこと自体が感謝すべき奇跡で。

 

そういう感謝に突き動かされている毎日だと、いつも自分より大きなものの存在を感じるし、自分がどれだけ小さいかを認識する。

だから、自分じゃなくて人のためになにかをしたい!と思えるようになったんですね。もちろんそれは自己実現に帰結するんですが。

 

0.1%生活の質が向上するかもしれないチャンスと、挑戦せずに今の8割満足いっている生活をキープするという選択肢があれば私は迷わず0.1%向上のチャンスを選びます。

 

いや、とはいえ人間なので実際そこはちょっとは迷うだろうけど(笑)

 

でも、もともと「新卒フリーランス」っていうマイナスはあっても失うものゼロの状態でスタートしているので、常に気持ちがゼロからのスタートなんです。だから、おそらくもとからいろいろ築き上げてきた人よりかはなにかを失う恐怖が小さいと思います。なぜなら失うものがないから(笑)

 

だから、私がやっていることは別にそんなにスゴイことじゃないんですよね〜。最初だけ、飛び込む勇気があっただけで。

 

きっとこれは若いということの特権でもあるんでしょうけど、だからこそなおさら若い人は変な呪縛にとらわれずやりたいことやってほしいです。

よくわからんしきたりとかで消耗している場合じゃないです。世の中、本当にあなたを必要としている人は存在するからそれを探す旅をやめないでほしい。

 

自分の今の人生は、挑戦もせずにど〜しても現状維持でキープしておきたいだけの素晴らしい文句のない人生なのか?

 

「人生、変わるはずない。人間は変わらない。」

 

って23年間くらい思ってた私がこのたった最近2年で、今真逆のことを思っています。

 

人生は自分の手で変えられるし、自分自身を変えることはできる。

 

なぜか−。

1番大きいのは、環境を変えたこと。

 

だから、ドイツに来て良かった。

 

フリーランスになって良かった。

“新卒フリーランスでドイツへ移住2年が経過。今、正直に感じていること。” への 4 件のフィードバック

  1. はじめまして!
    WASABIさんのTEDの講演やブログを見て、本当に勇気づけられました。
    ありがとうございます。
    私も大学卒業後、翻訳やります。今もやってます。
    WASABIさんみたいに活躍できるようになりたいです!(^^)!
    これからもブログ読ませていただきます!

    1. どうもありがとうございます!
      翻訳の仕事はとても楽しいし、やりがいがあるのでおすすめです^^
      今後さらに翻訳の情報もいろいろ出していけたらいいな〜と思っています!

  2. こんにちは^^私は5月からwasabiさんと同じように新卒で金なしコネなしでベルリンに住みます!どうにかなるっていう気持ちだけで行こうと思っています。笑
    もしよかったら色々お話を伺いたいです!よろしくお願いします^^

    1. またベルリンでワークショップなど開催しようと思っているので、その時はぜひ遊びにきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


月額制オンラインサロンを始めました!

DMMサロン

「海外移住やフリーランスの仕事をするために、まず何からどうやって始めたらいいの?」

こんな疑問を解決すべく、この度DMMオンラインサロンにて3ヶ月集中型のスクールを開講しました!