英語ができないのは「学校教育」のせい?それとも学校教育に期待してるあなたのせい?

英語
LINEで送る
Pocket

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

 

昔からよく英語関係の相談を持ちかけられる事が多いのですが、今のご時世、やっぱり英語に興味がある人ってすごく多いのだな〜と感じています。

 

というのも先日、英語学習についてのツイートをしたらけっこうバズって未だにシェアされ続けているのです。

 

 

超月並みな言い方ですが、どんなに授業の質が良くても「本人のやる気」がなければ意味ないし、「努力」しなければいくらやっても英語習得は難しい、というのが私の結論です。

 

たしかに日本の英語教育は「だいぶマト外れてんな〜・・・(苦笑)」と思うこと大アリなんですが、英語ができないことを全て学校教育の質が悪かったからだとひとくくりにする人は、多分どこかで、「学校の授業まじめに受けておけば喋れるようになったのにな〜」と思っているからなんですよね。

 

それは、ちょっと甘いっす。

 

確かに、義務教育で6年間も勉強しているのに英語をまったく喋れない人が多いのはかなり問題だし、カリキュラムの改善の余地ありまくりなことはたしか。

 

英語

 

でも、それって他の教科にも言えることで。

 

たとえば数学とか理科だって義務教育の中で6年以上学んできていますが、泣くまで解かされた数学の「証明」問題とか、理科にいたってはあれだけやった実験がいったい何のためだったのか全く思い出せません。(笑)

 

これら理系の教科も教え方が悪かったと言ってしまえばそれまでなのですが、その前に圧倒的に私側に覚える気がなかったし、授業外で努力もしてないからこそ身に付いてないのだと思います。

 

 

私はよ〜く覚えていますよ。私が学校にまで公文の宿題を持ち込んでバリバリ問題解いてる横で

 

「ここは日本だし英語なんて使わなくても生きていけるし〜」と、ボール持って放課後外へ遊びに行く同級生達の姿を。

 

私が理系科目を覚える気がなかったのと同様、この時点で彼らは英語を覚える気がなかった(もしくは将来必要になることに気がついていなかった)のだからいくら学校で勉強したってそりゃ身に付きません。

 

今、世の中は英語を学びたい人へ向けたマーケティングのために英語のレベルを細分化していますが、どのレベルの英語を身につけるにしろ「授業外の努力」が絶対に必要です。

 

過去に「日常会話が喋れればそれでいいんだけど、英語教えてくれない?」と友達に言われたことがありますが、日常会話がちゃんと喋れるようになるってことは実は「ビジネス英語」も喋れるレベルなのですよ・・・。

sponsored link

 

私だって12年以上英語を勉強してきましたが、それでもまだ分からない単語に出くわすことなんてしょっちゅうです。そしてちょっと努力を怠れば英語の能力は悲しいことにどんどん落ちていきます。

 

調子のわるいときなんか正直、「12年ほぼ毎日勉強してきてこれか」と思う時だってあるくらいです。

 

なので、義務教育の6年、しかも週3〜4くらいの授業間隔で英語が完璧になるなんてことは、よっぽど授業内で努力しない限り難しい、っていうか甘い!

 

英語ができるひとは、絶対授業外での努力をしています。

 

それは本人が辛いと思いながらも英語習得のために踏ん張っているパターンもあるでしょうし、ラクラク楽しみながらやって、一見”努力”しているようには見えない人もいます。でも、どっちみちガッツリ時間をかけて英語に関わったからこそできるようになったのです。

 

では、義務教育での英語を終えてもなお、「自分は英語初心者だ」と感じているひとは具体的に何をすればいいのか?

 

もちろん「初心者」の定義にもよりますが、個人的には大学受験用の単語帳の単語を全部覚えることをオススメします。

 

 

実際、海外の日常生活の中で使う単語はこの1900個くらいの英単語に限られていると感じます。まず、ここでベーシックな単語をインプットしておけば、自分の表現したい事を伝えるための1ツールは揃うかと。

 

これを覚えながら、1日1ページ、スマホで英語ニュースを読むといいでしょう。覚えた単語を実際の生きた英語のなかで確認するのです。ニュースといっても、BBCやCNNなどのお固い媒体に限らず、海外ゴシップから好きな俳優、ミュージシャンのインタビュー記事、本当に何でも良いので1日1ページ、電車の中で読む事です。

 

そう、努力とはここです。ここでスマホのゲーム誘惑に負けず、しっかり英語媒体を開けるかどうか・・・。

 

こうやって英語媒体に触れていくと、不思議なことに、自分がその日覚えた単語に1回は出くわすのです。

それで、「分かる!」と感じると嬉しくなります。それだけでなく、海外事情のネタ集めにもなります。

 

そのうえで、外国人が集まるMeetupに顔を出して外国人と交流してみてはいかがでしょう?

Meetupは、ある目的や趣味を共有する人達が気軽にサークルを作れるサービスです。私もベルリンでよく使っています。

 

英語学習は、「これだけやればOK!」ということではなく多面的にアプローチし、努力する事がとても大切になってくると思います。

 

なぜかというと、たとえば「リーディング」だけ極めても「スピーキング」が向上せず、英語ができる自信を持てません。逆に、スピーキングだけの環境に身をぶちこんでも前提知識がないから言葉が出てこず、自信を失うという悪循環が発生するためです。これを相互的に補完するため、いろいろやる必要があるのです。

 

 

我ながら名言・・・w

 

英語に対してアツイ思いをもっているので長々と語ってしまいましたが、今後英語関連の投稿をもっと増やしていこうと思っていますのでお楽しみに♪

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


*