LINEで送る
Pocket

中学校時代

こう見てみると暴れてばっかりの保育園〜小学校時代ですがw、中学からは良い友達に恵まれてすごく楽しい学校生活を送りました。バスケ部に入って部活に明け暮れ、面白い友達と彼氏、面白い先生たちと本当に楽しく過ごしていました。この時初めて、学校が楽しくてしょうがなかったと思います。

 

中学でも英語の勉強は続けていて、中2の時に英検2級を取得したのが校内初ということで表彰を受けて、区の英語スピーチコンテストなどに出ます。このコンテストでは入賞できませんでしたが、やっぱりライティングとスピーキングは楽しい!という思い出が強く残っています。

 

初めてインターネットに出会ったのも中学のときです。

 

クラスの男子が教室のパソコンを使って2ちゃんねるで「モナー」の変なフラッシュを観てゲラゲラ笑い、掲示板でなにか書き込んでいるのを見て私も興味を持ち始めます。

 

こういうゲームがクラスで流行ってました
こういうゲームがクラスで流行ってました

 

友達に教えてもらって前略プロフィールなども作り、そのときはネイルアートにハマっていたのでネイル作品をアップするサイトを作ったり、無料のチャットも立ち上げて学校の友達と夜遅くまでチャットして遊んでいました。

 

今はもうないですが「暇人同盟」というサイトを作って、意味もなく暇な人が集まって活動報告をするというサイトを運営していました。そのサイトではリアル以外の人の参加もあり、初めてネットで誰かとつながるという経験をします。大したことないサイトでしたが、「会ったこともないのに同じように暇人同盟の理念に共感してくれる人がいる」というのは衝撃でした。

 

こういう感じで充実していた中学時代でしたが、1つだけどうしても気にくわないことが。

それは「制服」です。

 

「なんで制服着なきゃいけないんだ??」

 

またまたこれに正確に答えられる大人はいなくて…

 

とある日私はジャージ姿で登校し、また問題を起こします。(笑)

 

高校生時代

私は中学のときにロック音楽、それもNIRVANAとかREMとか小汚い服装をするバンドにハマっていたので自分もそんな格好ばかりしていました。

 

グランジファッション大好きでした
グランジファッション大好きでした

 

だから、高校は制服がなくてこういう格好ができるところに行こう!

あと、学校帰りにライブとか行きまくれる場所がいいな!

 

そう思って選んだのは都立広尾高校

今は制服が導入されましたが、私が在籍していた当時は服装も髪型も自由。最寄駅は恵比寿または渋谷。私にとってこの上ない開放感でした。

 

「服装自由の学校だし、きっと個性的でおしゃれな子がたくさんいるんだろうな〜♫」と胸を高鳴らせていましたが、なんと意外にもほとんど全員、学校が一応用意している標準制服を着ていて、かなりがっかり。完全に出鼻をくじかれました。

 

制服自由の学校なのにここでも浮くという事態が発生。

でも友達はたくさんできました。

 

しかも、ビックリしたのは私が憧れていたファッション雑誌のモデルの子が同級生になったこと!

都心の学校はすごいなぁ〜…とワクワクしたのを覚えています。

 

渋谷

 

そんな感じで、私が大好きなキラキラするものがたくさんある環境で毎日放課後は渋谷に通ってウィンドーショッピングしたり、当時軽音部のバンドメンバーと楽器屋さんで遊んだり、ライブに行ったり楽しく過ごしました。

 

1個下の学年の個性的な子たちとも仲良くなって、来る日も来る日もライブやイベントに行きまくり学校にいるだけじゃ見られないいろんな世界や、違う年代の人たちとの関わりの中でいろんなことを学びました。

 

しかしライブやイベントにハマりすぎて夜に外出することが増えると、家庭が厳しかったので親とかなり衝突するようになります。

 

今でもバカだな〜と思いますが、夜に家の玄関から出ると親にバレてしまうので、3階の自分の部屋の窓からハイヒールとバッグをぶん投げ、隣のアパートの屋根に飛び移って、その階段を伝って地上に降りてイベントに行っていました。マジで命がけです。(危ないので絶対にやめてください。)

 

ただ、その当時は一部の仲良い子たちを除いて、学校にいる人たちがヌルすぎると感じていたんですよね。

 

私の好きな音楽を同じレベルで話せる人も、私がどんなところからファッションを参考にしているのかをちゃんと話せる人も同じ学年にはあまりいなくて。だからもっとハイレベルなファッションや音楽に通じている人が集まっている夜の場が自分の居場所だと思っていました。

 

私はずっと居場所を探して転がり続けている感がありますね。

 

しかし、高校では今でも尊敬できる面白い友達とのつながりもでき、私の学校生活のなかで1番スペシャルな体験をしたのは間違いなく広尾高校です。あそこは普通の学校じゃありませんでした。

 

肝心の勉強は、徹夜でテストを乗り越えてそこそこの成績を保っていましたが、数学は2点とか取ったこともあります。(笑)そこを得意の英語で97点取ってカバーするみたいなかんじでした(笑)

 

しかし当時の私は音楽とファッションがすべてだったので、学校の成績はそっちのけでした。

次ページ:すべてがぶっ飛ぶ大学時代〜 

LINEで送る
Pocket