海外のカフェでノマドワーク中トイレに行きたくなったらどうする?パソコンを持っていく?

コワーキングカフェ

どうも、相変わらずベルリンのWifiカフェを巡っているwasabi( wasabi_nomadik)です。

ちょくちょくカフェ情報は小出しにしていますが、これは将来アーカイブを作りたいな〜と思っているからだったりします。

 

ところで、みなさんは海外のカフェでパソコン作業するときトイレに立ちたくなったらどうしていますか?

 

コワーキングカフェ

 

私は今までとある方法で問題なく過ごしていたし、みんな同じことをしているだろうと勝手に思っていたので、あらためてこんな風に考えることもなかったのですが、先日友人と話していたら意外と人によって対応が違って面白かったのです。

 

カフェに行ったらトイレにそもそも行かないようにしている人、パソコンを丸ごと持っていく人、トイレに行くタイミングで帰る準備をする人など・・・。

 

でも、「実はどうすればいいのか分からない」という人もいたので私の方法をシェアしてみることにします!

 

 海外のカフェで荷物放置はありえない

まず大前提として、海外は日本と違って荷物を放置したまま席を離れても荷物が無事だという保証はありません。自分の荷物は自分の目が届くところに必ず置いて、基本的に肌身離さず持つという緊張感が必要です。

 

たまに日本に帰るとそのクセが残っていて、トイレに行くときもカバンを持っていったりするので友達から「ここは日本なんだから置いていってもいいんだよ(笑)」などと言われて「あ、そっか!」とハッとしたり。

 

この理論で行くと、海外のカフェでノマドワークするときはパソコンをトイレに持って行くのが一番安心でベストですが、全ての荷物を持って行くと、不都合もあります。

 

なぜなら荷物を全部撤収してしまうと、もう帰ったと思われて定員にコーヒーを下げられてしまう危険性もあるし、何よりパソコンをトイレに持って行くなんて面倒だからです。せっかく確保した電源も他の人にとられちゃうかもしれません。

 

では、どうすればいいのか。そして現地の人ってどうしているのか気になりませんか?

 

 隣の人に「パソコン見張っておいてくれませんか?」と頼む

ズバリ、これです。私はいつもこの方法で好きなタイミングに好きなだけトイレに行って、今まで一度も盗難されたことはありませんでした。

 

ポイントは、同じようにパソコンで作業している人に声をかけるとベターです。なぜかというと相手もトイレに行きたい時に同じ方法で私を頼ろうと考えるので、しっかり見張っていてくれる確率が高まるからです。

 

パソコン作業をしている人がいなければ、信頼できそうな人を見極めて声をかけます。

 

「いきなり初対面の人間をどう見極めるんだよ!」と思うかもしれませんが、そこは自分が席についたときに周りの人の顔を好意的にガン見すると良いでしょう。(笑)そうすると、ある人は目が合ってニッコリしてくれたりします。そうやって敵意がないことを示してくれる人に頼めばいいのです。

 

トイレに行きたくなったら、ちゃんと目を見て、”Excuse me? Can you keep an eye on my laptop?”(すいません、ラップトップ見張っておいてくれませんか?)と言えばOK。

 

トイレから戻ったらちゃんと「ありがとう」を伝えましょう。そのことによって信頼感が増して更に頼みやすくなります。

 

海外、といっても私の場合はヨーロッパに住んでいるのでヨーロッパに限った話になってしまいますが、現地の人もこの方法を実践しているのを見かけます。

 

私がイギリス留学中、大学図書館で勉強しているときも学生同士は”Can you keep an eye on my laptop while I’m away?”と声をかけあうのが普通でした。

 

すごく治安が悪い地域でこれをやるのはちょっと心配ですが、比較的治安の良い場所で、カフェの客層も問題なさそうと判断すればこの方法でいけると思います。ただ、窓際や扉の近くで作業している人は瞬発的な盗難が考えられるので、そこは状況によって気をつけてくださいね。

“海外のカフェでノマドワーク中トイレに行きたくなったらどうする?パソコンを持っていく?” への 1 件のフィードバック

  1. いつも楽しみにブログを拝見しています!

    アメリカもスタバ等でトイレにいきたいときは近くの人に声をかけてパソコンを見張っててもらいました。日本でそれをやるとかなり怪しい人ですが、知らない人でも頼める環境やそこから会話が始まって、人の輪が広がるのが好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


月額制オンラインサロンを始めました!

DMMサロン

「海外移住やフリーランスの仕事をするために、まず何からどうやって始めたらいいの?」

こんな疑問を解決すべく、この度DMMオンラインサロンにて3ヶ月集中型のスクールを開講しました!