Googleが運営する無料のコワーキングカフェ「Campus Madrid」に行ってきた!

Campus Madrid Room

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

今週は仕事でスペインのマドリードに来ているのですが、マドリードに来たら覗いてみたかった場所が1つあります。

それがここ、「Campus Madrid」です。

Campus Madrid

これはGoogleが運営するコワーキングカフェで、メンバーになれば誰でも無料で使えるというすごい太っ腹な場所なのです。

 

先日はオランダのスキルをシェアすることによって無料で利用できるコワーキングスペース「Seats2meet」を紹介しましたが、ヨーロッパにはこうした類のスペースが最近増えてきているように感じます。

 

こうした無料のコワーキングスペースはなにを狙って無料でスペースを解放しているの?って気になる方もいらっしゃると思います。そこで今回はCampus Madridの様子をレポートするとともに、そのへんを私の独断と偏見まじりで解説します!

 

オンラインで登録&その日のうちにすぐに使える!

先述したとおり、Campus MadridはGoogleが運営するスペース。マドリードだけではなく、ロンドン、ソウル、テルアビブにも同様のCampusが解放されているグローバルなコミュニティで、ウェブサイトから登録を行えば誰でも無料でコミュニティのメンバーになってスペースを利用することができます。

Campus Madrid Room

 

スペースの提供もその一部ですが、ここでは主に起業家たちが集まってネットワーキングをすることを目的としてコミュニティの形成を図っています。アイデアを持っている起業家に対して地元のスタートアップコミュニティがメンタリングやトレーニングを行うほか、イベントを通じてノウハウや人脈の提供も行っています。

 

Campus Madrid

 

どのくらい活発なコミュニティ形成が行われているかは、Campus Madridが開催するイベント数に如実に現れています。なんと毎月60以上のイベントが開かれており、メンバーはイベントに出席するだけではなく、なにか良いアイデアを持っている人はイベントスペースを無料で借りて自分のイベントを開催することもできます。

 

Campus Madrid

スペースに到着したら、オンラインでメンバーになったことを受付で伝え、自分の名前がわかる身分証明書を見せます。

 

登録されていることが確認できたら、受付の方がメンバーカード(入館証)と資料をくれました。カードはプラスチックでしっかりしているので見た目もかっこ良く、マドリードの良いおみやげというか記念になりそうです。

 

この資料パックの中にはカフェで使えるコーヒー無料券が入っていました。
こういうのちょっと嬉しいですね。コーヒー、なかなかおいしかったです。

無料で使えるコワーキングスペースが狙っていることは「シナジー」?

Campus Madrid

どうしてオランダのSeats2meetやGoogleのCampus Madridなどの無料のコワーキングスペースが登場するのでしょうか?

 

私が考える理由は主に以下の3つです。

1.優秀な人材を集めるため
2.早い段階で良いアイデアを見つけるため
3.1と2を使ったブランディングを可能にするため

 

ずばり、優秀な人材を囲うため、人を集めて無料でスペースを解放しているのだと思います。

Campus Madridにかんして言えば、一応目的がこのように書かれています。

Why did Google start Campus?(なぜGoogleがCampusを始めたのか?)
Google began as a startup in a garage and we’re passionate about helping entrepreneurs succeed. We believe in the power of physical space to help entrepreneurs find their community, work productively, and get access to important resources like mentorship and top technology. We created Campus to be this space. Entrepreneurs have transformative ability to build products that solve our daily challenges, improve our communities, strengthen our economies, and this growth ultimately helps Google and the open web grow as well.(Campus Madrid – FAQ

 

やっぱり、起業家を応援するためにリソースを提供することが大きな目的のようですね。

そこで生まれたビジネスがコミュニティを活性化してGoogleの利益にもなると書かれています。

 

Campus Madrid

 

ぶっちゃけ今の時代、大きな企業の力がなくても個人で良いアイデアを持ち、それを実行できる人であれば個人でも大きな利益を生み出すこともできるわけです。だからこそ、いかに優秀な人を集めて良いアイデアを出させ、それを自分たちのビジネスに取り込んでいけるかどうかが重要になってくるということをGoogleはきちんと理解しているんですね。

 

Campus Madridでもらった資料パックのなかにも、Campus Madridの利用者の中から”成功”を収めた人たちの「サクセスストーリー」が冊子になっていました。

 

卒業生の就職先を自慢する大学のパンフレットみたいなもんですね(笑)

まぁこれがブランディングとなってコミュニティの価値が高まり、さらに面白い人が集まりやすくなるという循環を狙っているのでしょう。

 

こういう「フリー」の経済はブログにも通ずるところが大きくあるので、Campus Madridの運営の背後にある狙いを考えるのはとても楽しかったです。そういう話に興味がある人はぜひこの本も読んでみてください。ブログをやっていく際になぜ「お役立ち情報」を発信していくことが重要なのかも理解できると思います。

 

実際働きやすいのか?

そんなにたくさんのネットワーキングイベントがあって、これだけ人脈形成に力を入れていると聞くと、入館した瞬間にいろんな人に話しかけられてしまうのか心配する人もいるかもしれませんが、実際には全然そんなことありません(笑)

 

むしろ、私が行ったときはがっつりネットワーキングしている人なんて全然いなくて、みんな自分の仕事に集中しているだけでした。配られたパンフにも「初日には隣の人に声かけよう!」なんて書かれていましたが、あんまりそういう雰囲気じゃなかったです。

Campus Madrid

ただ、コミュニティ掲示板というのがあって自分が繋がりたい人を募集することもできるし、誰かと繋がりたい、人脈を広げたいという人は積極的にそういうサポートを利用することができると感じました。

 

というわけでマドリードで人脈を広げたいと思っている人や、たんにスペースだけ使いたいという方両方におすすめできる場所です!WiFiもハイスピードで作業が超快適なのでおすすめです!ぜひ登録してみてください^^

 

Campus Madridのメンバー登録はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外でフリーランス。きっかけを掴んでみませんか?

wsbiオンラインサロンTOP

【募集再開!】本気で海外移住・フリーランスを目指す人のための超実践的コミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが11月4日より新規生徒募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで必要な情報をwasabiがありったけシェアします。実践を大事にするサロンで海外へのきっかけを作ってみませんか?