人間と犬:ベジタリアンは飼い犬に肉をあげない?

今日は仕事もほどほどに友人とカフェでランチをしてきたのですが、ベルリンの良いところはやっぱりベジタリアン人口が多いために、どの店にも必ずといって良い程ベジタリアンメニューがあることですね。silo coffeeカプチーノがおいしかったな。おすすめです。

ところでベルリンはベジタリアンも多いですが、やけに犬が多いんです。

菜堆裡的狗頭 the dog in the vegetableswww.flickr.com

ドイツ人は無類の犬好きのようで、犬を市民として認めているくらい。(地域によっては犬も「犬税」を払う必要があるんです・・・!)リードをつければ電車に乗ることだって許されています。

と、同時に前から気になっていたのが犬の飼い主がベジタリアンの場合は、飼い犬に肉を与えないのか、ということ。

ベジタリアンやビーガンになるには様々な理由が存在し、人それぞれなので一概には言えませんが、彼らの愛する動物もまた動物を殺して糧として生きているという前提をこちらのベジタリアンはどのように考えているのか気になります。

www.peta.org

世界的に有名な動物愛護団体であるPETAのホームページを見てみるとまさにこのことが書かれていました。やっぱり菜食主義を主張する団体としてはペットに肉をあげるのはなるべく避けて欲しいみたいですね。それより何よりびっくりしたのが「犬はベジタリアンになれるけれど、猫の場合は注意が必要」ということ!一応動物もベジタリアンになれるというのがビックリ。

www.theguardian.com

こちらの記事にも

But cats require specific nutrients, not specific foodstuffs. A 2006 study (pdf), carried out somewhat bizarrely by Nestlé, found that the 34 vegetarian cats it examined were healthy. One of the biggest concerns for cats is the risk of taurine deficiency, which can lead to blindness and death if not treated.

と書かれています。 注意が必要である猫も健康体を維持できるとか。猫は菜食主義になるとタウリンやビタミンA1が不足しがちになるってしまい、難聴や視力の低下、ひどければ死をもたらすこともあるそうなのでサプリメントをあげる必要があるみたいですね。ちなみに人間と犬は、肉を食べなくてもこれらを生成する事が可能らしい。

ただ、私は自分のペットに野菜しかあげないかと言われれば、かなり悩みます。

理由は、私が肉を食べるのを不自然だと思うのと同じくらい、犬や猫が野菜しか食べないのが直感的に不自然だと思うからです。

不自然だと感じるのは、菜食主義になると全体的に食べる量がかなり増えることに関係しています。そのうえサプリメントをあげるなんて更に不自然・・・

私の好きなYoutuberでもあり、ロービーガンとして有名なクリスティーナの動画を見てもらうと分かると思うのですが、特に彼女のように生の野菜や果物しか食べない菜食主義者は1日にこのくらいの量を食べないと必要な栄養が採れないんです。

f:id:wsbi:20150819080710p:plain

これが彼女の「夕ご飯」。いちじくの数がハンパじゃない!!

もし犬や猫という本来肉を必要としている動物が、足りない部分を野菜で補おうと思ったらこうなるわけですよね。彼女の場合は食品を過熱しないことにこだわっているので、その分かさが増していますが、過熱したベジタリアンフードをあげるとしてもやっぱりかなりの量を食べないと体がもちません。

動物は相対的な生き物で、環境の変化に応じる力をもっているので究極は菜食主義でも生き延びる事はできると思うのですが、これだけ大量の野菜を毎回消費するのは生産エネルギーの面(野菜は育てるのにたくさんの水やエネルギーを使います。)や効率の面でも割にあっていない気がします。

そして何よりも、犬や猫の権利を尊重して、彼らの自由意志に任せるのであれば、目の前にサラダと肉を置いてみましょう。彼らは迷わず肉を選ぶ事でしょう。(笑)欧州のベジタリンはこの動物の権利(Animal rights)を理由に肉を食べない人が多いので、突き詰めると動物の権利である自由意志はどのように扱うのかもっと議論があってもいいなと思います。

こちらで出会うベジタリアンの人は、Animal rightsを守りたいと言いつつも、動物が殺されないで生きる権利とか、身体的苦痛を与えられずに生きる権利とか、そういう点にしかまだ焦点があたっておらず、広義の意味での権利とは何かが十分に議論されていない印象を受けます。

私はそのへんがひっかかるので、自分に飼い犬がいればおそらくオーガニック・フリーレンジで育てられた肉を時々あたえると思います。

ベジタリアンでペットをお持ちの方、どう考えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


海外でフリーランス。きっかけを掴んでみませんか?

wsbiオンラインサロンTOP

【募集再開!】本気で海外移住・フリーランスを目指す人のための超実践的コミュニティ

「海外に住んでみたい」
「海外で自分のやりたいことに挑戦してみたい」

同じ目標を持った仲間が集まるスクールで、モチベーションを高めながら夢を叶えるためのスクールが11月4日より新規生徒募集を開始しました。

税金、年金、保険、ビザなど具体的な海外移住のノウハウからフリーランスの営業方法、仕事のアドバイスやメンタル面の話まで必要な情報をwasabiがありったけシェアします。実践を大事にするサロンで海外へのきっかけを作ってみませんか?