ベルリンに興味がある人必見!住居の心配不要の「お試し移住案」3つ

Berlin and youngster
LINEで送る
Pocket

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

 

現在はライプツィヒに住んでいる私ですが、ベルリン在住時代に書いたコンテンツは今でも健在で、よくベルリン関連のお問い合わせをいただきます。

 

内容はおすすめのカフェを教えて欲しいという質問から、ベルリンでフリーランスをすることについての質問など様々ですが、時々見かけるのが「お試し移住をしようと思っているのですが良いエリアを教えてください。」というメールです。お試し移住する場合にかかる費用やそもそもどうやったらお試し移住できるかなどの質問をいただいたこともあります。

 

結論から言うと、現在のベルリンの住宅状況を見る限り、お試し移住(短期間の滞在)では自分の気に入るエリアを短期間で見つけることができるかどうかは疑問です。もちろんその人個人の予算や状況によりますが、短期間のお試し移住では家探しに時間をかけるよりも現地でしかできない様々な体験に時間を割いた方がよっぽど建設的です。

 

住居の心配をしなくて済む「ベルリンお試し移住案」はないものか…。そして、海外経験の少ない人にとってもハードルが低い選択肢はなにかないか…と考えてみたところ、3つのやり方が浮かびました。今回はその方法を紹介したいと思います。

 

ホテル・ホステル暮らし(1~2ヶ月以内滞在向け)

こちらは短期間の滞在を考えている人にとって現在もっとも手堅いオーソドックスな方法です。普通に家を借りるよりは値段が張ってしまいますが、お金さえ払えば日本にいる段階から予約もできますし、現地に着いてから路頭に迷うことはありません。

 

複数人と同じ部屋で寝ることに抵抗がない人ならホステルに滞在することでホテルよりかは費用を抑えることもできます。私もライプツィヒから友達と一緒にベルリンへ遊びに行くときは時々ホステルを利用しています。ホステルの検索にはBooking.comが便利でおすすめです。

 

ブッキングドットコムで探せば、一泊15ユーロ(2,000円くらい)〜ホステルを見つけることができます。私のリンクを使っていただくと15ユーロのクーポンがもらえるので一泊分くらい浮きますよ^^

 

 

お試し移住のような滞在にぴったりのサービスといえば「Airbnb」なのですが、ベルリンの高まる住宅難によって今年から禁止になってしまったのはとても残念です。部屋を貸しているホストがアパートに同居している場合はAirbnbをしても問題ないという話もありますが、法律文書に書かれた定義の曖昧さから100%確実ではないのでトラブルを避けるためにもベルリンではAirbnbに手を出さない方が良いかもしれません。(宿泊者側に罰金等のペナルティがかかることはもちろんないですが、念のため。)

 

短期の寮付き語学学校に通う(3ヶ月〜1年以内の滞在向け)

予算に余裕があるならおすすめしたい方法です。何もすることなくただベルリンでぶらぶらすることも気晴らしになると思いますが、それよりかは「語学」という目的があった方が後から確実に得るものがあるためです。

 

語学学校に通うメリットは過去記事で紹介しましたが、日本から確実にプランを組んでベルリンでの短期滞在をしたいと考えているなら語学学校のEFをチェックしてみてください。EFは世界44カ国で直営の語学学校を運営している語学研究機関で、コースに在学中はホームステイまたは学生寮が費用に含まれています。そのため住居探しにエネルギーをとられる必要はありません。

 

また、コース終了後に住居や仕事を探したい場合、EFには「JOB CLUB」というサポートがあり、掲示板やオプションのコンサルを通して仕事を紹介してもらったり、銀行口座の開設や携帯電話契約の手続きなどドイツ生活の手伝いを提供しているそうです。EFはベルリンのほかにミュンヘンにもキャンパスがあります。

 

3ヶ月以内なら学生ビザを取得する必要もないし、寮付きの学校に通えば住居の心配をする必要もないので語学と滞在にフル集中できます。

今回実はEFさんからこの情報を教えてもらったのですが、寮付きの語学学校に通うというのは今のベルリンの住宅状況をみるとなかなか良い選択肢なのではないか?と感じました。

 

最初は短期間ベルリンで過ごし、気に入ったらワーホリに切り替えて学習を延長、その後はJOB CLUBのようなサポートを使ってさらに長期で過ごすための選択肢を探すのも良いかもしれませんね。

 

 

オーペアをする(ワーホリ向け)

こちらは労働になるため労働許可のあるワーホリ等のビザを取得する必要がありますが、住居の心配をしなくて良い滞在方法の1つです。

 

オーペアを知らない人のために簡単に説明すると、ホームステイしながらその家庭の子供の面倒を見るベビーシッターの仕事をすることをオーペアと言います。ドイツだけでなくオーストラリア、イギリス、フランスなど他の国でも一般的で、住居の提供を受ける代わりに子供の面倒を見る労働を提供します。労働量や条件は家庭ごとにまちまちですが、お給料をもらえる場合もあります。

 

オーペアを探せるサイトはいろいろありますが、海外経験が少ない人は日本語サイトで探すと言語の面で安心だと思います。私がおすすめするのは「ベルリン掲示板」や「MixB」です。

 

 

オーペアを探している案件に応募するも良し、オーペアをさせてくれる家庭を自分から募集するもアリですね。

 

「移住」って言うとなんだか物々しく聞こえるけれど、上記で紹介したような短期間の「お試し移住」であれば長期間の旅行みたいなノリで手軽に挑戦できるのではないでしょうか?

今回紹介した以外にもやり方はいろいろあるはずなので、アイデアがあればぜひコメントで教えてください^^

 

(今回の記事は語学学校EF様からのスポンサー提供を受けています。)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


月額制オンラインサロンを始めました!

DMMサロン

「海外移住やフリーランスの仕事をするために、まず何からどうやって始めたらいいの?」

こんな疑問を解決すべく、この度DMMオンラインサロンにて3ヶ月集中型のスクールを開講しました!